胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

江南・水郷1(朱家角)

 打ち合わせの後、会食&カラオケで閉じた初日の翌日(9/12)はいい天気です。

 午前中に上海から嘉興に移っての仕事ですが、午前中は余裕があるので、途中、上海郊外の朱家角に30分ちょっと寄っての移動です。

 上海から近い観光地ということもあって整備された感じです。
 案内所の前には大きな地図がありました。

2013091201.jpg

 いわゆる老街のほうに向かいます。

2013091202.jpg

 土日はかなり混みそうな路地を歩いていきます。

2013091203.jpg

 でも良く見ると大きな防犯カメラがありますね。

2013091204.jpg

 この地区一帯はちまきが有名とのことでしたが、どの店にもあるのが豚足です。葉っぱで巻いた上に荒縄で縛ってあります。つやつやした色がおいしそうです。

2013091210.jpg

 昔の雰囲気を出した通りで、「醤」の看板が。
 これは醤油屋さんですね。
 昔は醤油を買う際に自宅から持ってきたビンや甕に移していました。それを中国語では「打醤油」と言ったのですが、最近はネット上では「関係ない、関わらない」という意味にも使います。

 2013091205.jpg

 一番大きな放生橋まで来ました。
 観光用の船が並んでいます。
 亭の屋根のカーブがいかにも江南らしいです。

2013091206.jpg

 採った魚など生き物をこの橋から放つと功徳ができると言われているそうです。
 川幅は西塘に比べると狭いですが、白と黒基調の景色が落ち着いて見えます。

2013091207.jpg

 放生橋の上から良く見ると、スタバがあります。
 でも景観を壊さないように気を配ってあるようですね。

2013091208.jpg

 橋を渡った反対側にも小さな店が並んでいます。
 葫芦絲(フルス)や二胡を置いている楽器屋さんがありました。店の人はフルスを吹いていましたが、私が二胡を見ると早速二胡をひき始めます。
 まあ、お土産二胡のたぐいでしょうが、見た感じ、よくできていますね。
 残念なのは拉く時間がなかったことです。

2013091211.jpg

 川べりでおばさんが赤い果物?を洗っていたのですが、紅菱角とやら。
 台湾で黒い菱角は蒸したものをよく食べましたが、ここはナマで食べるらしいです。

2013091212.jpg


 硬い皮の中は、シャリシャリ系。クワイ+ナシ+・・・・っていう食感です。
 ほのかな甘みがありました。

 そんなに時間も無いので、来た道を戻りましたが、上海から近いせいか外国人もちらほら見かけました。
 日本語は聞こえなかったですが。

2013091213.jpg

 


  1. 2013/09/12(木) 22:34:17|
  2. 中国
<<江南・水郷2(嘉興) | ホーム | 上海・花園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsieur2hu.blog40.fc2.com/tb.php/484-b41ef673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。