FC2ブログ

胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

專家技術、好厲害!

nikospain.jpg

昨日、帰任して初めて日本で二胡を外に持ち出しました。

 台湾で購入した二胡ハードケースを3年前にヤフオクで落札してもらい、今年FB上で連絡を取り合うようになった「すぅさん」に連れられて二胡教室の見学です。
 すぅさんは気さくな方で、ご夫妻でウチの女房が入っているビッグバンドのクリフサイド・ライブに来て頂いて初対面。その後日を改めて二人でグデングデンになるまで飲んだ仲です。
 飲みながら、すぅさんの行かれている教室の見学につれていってもらえるようお願いしていました。


 武蔵小山の教室に行くと、あとからチャリンコに乗ったウェイウェイ・ウーさんが来られて面談です。
 今までの経緯やどんな音楽をやりたいのか、楽器の話などをしながら、ちょこっと弾いてレベル判断されました。

 もう拉かなくなって2年以上になっていることや、後半は五線で習ったので簡譜が読めなくなってきていることを話すと、「始めは初級者クラスで簡譜に慣れてもらい、半年を目途にもっと上のクラスに入ってもらうのでどう?」という提案をうけることにしました。
 
 すぅさんのアドバイスで王根興さんの紫檀を持っていったのですが、老師も王根興さんの老紅木を使われているということで、そんな話題にも触れ、あっというまに面談終了。
 しっかり、弓の元の使い方ができていない事を指摘されました。まあ、「それはわかってますよ、だから習いにきたんじゃないですか。」、とは言えないか。(笑)

 でも、換把の動き方や、移動ドの感じ方など、質問に丁寧に答えてくれました。
 さすが、その道のプロは教えるほうまでプロですね。

 なにより「日本語」で教えて貰えるのが非常に有りがたいです。
 台湾は、そんな流暢にまでは話せない中国語で、なおかつ知らない音楽用語や、音や動作のニュアンスを中国語で会話するのはハードでしたからね。


 すごいのは同じ楽器を拉いても音が全然ちがうんですね~~~

 初めて二胡を買って温金龍さんに見てもらったとき、「まあまあの楽器だね。」なんて言われながら、私の二胡で彼が拉いた音のすばらしさは忘れませんが、今回も同じでした。

 「ジャズなんかもやりたい」というと、「この楽器はそういうジャンルには合っていそう。」なんて言われながら拉かれた「モナ・リザ」音の素晴らしいこと!! 
 これが二胡の音だ、と感じました。

 台湾で三人目の老師となった蔡老師に習う前の面談時に私が拉くと、彼女が「まあ、二胡の音にはなっているわね。」と言ってくれましたが、昨日のウー老師の音をきくと、天地の差があります。

 
 とはいっても、ウー老師、「この楽器、色が黒いし軽いので老紅木じゃないの? 前はもっと赤かった?」とのお言葉。
 この楽器は確かに軽いですが、二胡製作者の李さんも「この木は間違いなく小葉紫檀だね。王根興さんが貼ったかどうかまではわからないけど。」と判断されています。
 そういや琴軸の中など、まだ赤いところが残っています。

 やはり、ウー老師は拉くプロ、李老師は製作のプロです。「餅は餅屋」というところでしょうか。


 面談のあとはすぅさんのクラスを見学。
 コンサートが先日終わったので、基礎の再確認が昨日のコース。
 弓法を中心のレッスンでした。
 私はまだ楽器は持って参加はできないので、「エア二胡」で聴いていました。

 ウー老師、すぅさん、そして瑠璃玻璃クラスの皆さん、多謝!


 上の写真は昨日買ったCD付テキストの一曲です。
 ウチに帰って見たら添付CDの中にはSpainは入っていなかった。残念。
 入っている曲はカラオケ付のなのでこのCDで二胡Spainをやってみたかった。できないけど。
 でも、SpainのオリジナルキーはBだったような気が・・・・
 




 
 
  1. 2012/09/23(日) 11:40:10|
  2. 二胡の練習・奏法
<<ひたち ビッグバンド フェスティバル | ホーム | 台湾用免許翻訳書>>

コメント

Re: タイトルなし

ピアさん
お久しぶりです。ウー老師は入会前の面談にもかかわらず、こちらの質問にも的確に答えてくれて人柄の良い方でしたよ。
  1. 2012/09/30(日) 16:06:28 |
  2. URL |
  3. あや~(阿雅) #-
  4. [ 編集]

Re: 面接と見学いかがでしたか?

すぅさん
ありがとうございました。
残念なのは日曜夜のクラスなので、飲みに行けないことぐらいでしょうか。(笑)
まあ、近々、「日本酒厳禁でほどほどに」飲みに行きましょう。


  1. 2012/09/30(日) 16:09:37 |
  2. URL |
  3. あや~(阿雅) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://monsieur2hu.blog40.fc2.com/tb.php/447-393cf5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。