胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北京の空

 ひさびさの北京出張です。
 横須賀スカレー君は初めての北京。

2013032601.jpg

 台湾・上海便は富士山の南側を通ることが多いように思いますが、北京便は北側を通るんですね。「左手にキレイな富士山が見えます」の機内アナウンスがありましたが、F席の私には見えません。
 隣の窓際席が空いていたのでそちらに移り、これは南アルプスかな?

2013032602.jpg

 
 まだ最近の北京は数回しか行っていませんが、いつも北京空港上空が混んでいて、出発時間を調整というのが多かったのですが、この日は大丈夫。定刻の離陸でした。
 社用車が空いていたので、劉さんの運転で。
 北京につくと、「おお、これがウワサの大気汚染の空か。」
 なんか焚火の煙の中にいるようなニオイです。
 手元のスマホでいるとPM2.5の数値が285。日本の警戒値の4倍。

2013032604.jpg

 この到着日午後は翌日打ち合わせの資料の整理修正でおわり、夕食は皆で近くの「三合楼」。

2013032603.jpg



 さて、翌日の3/27.
 この日も朝からPM2.5は233。昨日よりは下がったものの、相変わらずのニオイの中の出勤です。
 写真の右上にある通り、会社に行く時に撮った太陽はくすんでいます。

2013032701.jpg

 午前の打ち合わせが終わり、午後、時間が取れれば街中でも見てこようかと思っていましたが、ほかの作業が入って、この日は断念。
 お昼過ぎ、隣の銀行に両替に出たら風が強くなったせいか、急に青空が見え始めました。
 スマホの空気汚染状況のページを見ると、朝のPM2.5の値、233が75まで激減。

2013032802.jpg

 風が吹けば桶屋は儲からなくても、気分がイイです。
 でも、目がチカチカするのは他の浮遊物でしょうかねぇ。


 夜は向こうの会社の人が会食しましょうとのこと。ギョーザを食べに行きました。

2013032703.jpg

 宝源餃子館。
 大使館が多い地区とはいえ、外人率がスゴイです。7割以上が外人。
 あ、私もココでは外人ですが。(笑)
 具にいろんなモノが入った種類がいくつかあって、皮の色でわかる仕組みのようです。
 美味しかった。

2013032704.jpg

 帰りに7-11を見つけて入ったら、上海のファミマより日本の店舗の中に似た感じですが、高い!!
 北京ビールと台湾のスナックを買ってホテルの部屋で一服。

2013032705.jpg

 椅子に座ったまま、いつのまにか1時間ほど寝ていたようです。


 
 さあ、2泊3日北京出張の最終日。
 朝から青空、PM2.5も35と快適。

 朝一番のメールを打って、昨日打ち合わせの資料修正を終えて9時半すぎ。
 空港へはお昼過ぎの1時半頃出発で間に合いそうなので、急きょ、街中に出ることにしました。
 ここ数回の北京出張は空港と三元橋の事務所の往復、街はずれの空港から街の入口の会社への行ったり来たりで、北京の街中の雰囲気が全然わかりません。

 25年ほど前、北京出張を繰り返していた頃との差を知りたいなと思っていました。
 この帰国日の午前中、1時間半ほどもらって、新街口南大街へ行ってきまた。
 タクシーで30元弱。やっぱ、北京は広いですね。タクシー移動だけで20分ちょっと。
 新街口南大街は西単の北にある楽器屋街です。
 出張前に日本である程度調べていたのですが、距離感がわかりません。
 でも、タクシーの司機(運転手さん)に「新街口南大街的楽器行付近」というと、すぐ判ってくれました。

2013032803.jpg


 何軒か「琴行」という楽器店の看板が見え始めたのでタクシーを降りました。
 小さなお店がならんだ界隈では、「二胡教えます」なんてポスターが貼ってある店先では、三脚を前に先生と生徒が二胡を持ってレッスン中です。
 野外っていうのがいいですね。

2013032801.jpg
 
 年配の方が店先で二胡を弾いている楽器屋さんを覗いてから出ると、そのおじいさんが二胡を弾く手を止めて「何か探しているの?」と聴いてくるので、「グラスファイバーのハードケースってあるかなぁ?」と聞くと、「いやー、あれはいいけど高いよ~~、ここには置いてないね」との答え。
 いくら位するのか尋ねると「う~ん、最低でも500元以上はするよ。」との事。

 頭の中で15を掛けても、安いな~と換算。
 だけど、この店にはないし、物価の差から安いねとは言えないので、「ありがとう、ほかを当たるよ」と答えて別の店を探しました。
 
 壁一面に二胡が掛けられ、おばさん一人が店番の楽器屋に入って、ケースを聴くと、「青、黒、白があるはず。ちょっと待って」と言ってあちこちに電話を掛けて調べている模様。
 少し経つと、青いケースを持って女性がこの店に来てくれましたが、青一色のあまりピンとこないモデルだったので、今回はパスしました。

 電話を待っている間に店の二胡を撮りました。
 この店は他の店に比べて数が多いようです。
 
2013032804.jpg



 待っている間に、日本では二胡は流行っているかい?とかジャーパンファンさんって知っているかい?とか話を振ってこられます。
 私は巫謝慧さんの教室で教えてもらっているよと答えたら、「ああ、巫謝慧さんの名前は知ってるよ」なんて話をしたのは覚えていますが、肝心な店の名前を確認していませんでした。

こんな感じで30分ほどの間に3軒ほど覗きましたが、入門者用がだいたい1200~150元くらい、初心者クラス~の普通の皮のが3500元くらいでしょうか。
 掛ける15にしても安いですね。
 さっきの店のおばさんに「台湾じゃCITESは1日で出るよ」と言ったらビックリしていました。


 北京の街も大通りは高層ビルばかりですが、この新街口南大街は胡同(フートン:路地)を含め昔の北京の街並みを残しているようで、ホッとしました。

20130328008.jpg

 お昼までまだ1時間近くあったので、帰りは地下鉄で事務所に戻ることに。
 でも、やはり北京は広いです。 乗換1回ですが結局、小一時間かかりました。

2013032806.jpg

 この日は一日、いい天気でした。
 飛行機も時間通りに飛び、無事羽田着、20:00。

2013032807.jpg


 電車の乗り継ぎも良く、21:30には自宅に到着できました。

 お疲れ様でした。スカレー君。


 
スポンサーサイト
  1. 2013/03/28(木) 23:29:14|
  2. 中国

2013年 2ndライブ @横浜元町クリフサイド

 例年になく早咲きのサクラが満開のこの日(2013/3/23)、横浜元町クリフサイドでの演奏です。

 参加している横須賀のビッグバンド、横須賀スピリットビッグバンドのライブ。


 バンドメンバーは午後2時に集合。
 クリフサイドのある元町あたりは駐車場代が高いので山手駅側のコインパーキングに駐車。一日最大1100円です。

 女房と昼食場所を探しに山手駅の方向へぶらぶらと歩いていると、気になる看板があったので入ってみました。

2013032301.jpg

 台湾料理はメニューには書いてありますが、ランチタイムだったのでセットを注文。
 集合時間が近づいていたのに、なかなか料理が出てこない!
 でも、安くてボリュームたっぷりでした。

 クリフサイドにつくと、2時前でしたがほとんどのメンバーがそろってセッティングを開始していました。
 
 2階のトランペットルームを楽屋として借りており、2部で使うpBoneを並べて一枚。
 In the Mood 1曲のために持ってきました。

2013032302.jpg

 5時開場、5時半開演。
 まだ撮って頂いている多くの方々からの写真が手に入っていないのですが、二胡の友達が携帯で撮ってくれた速報版写真です。
 普段と同じように、楽しく演奏させてもらいました。

2013032303.jpg

  今回は当バンドにとって特にうれしい事があります。
 
 昨年9月に東日本震災復興のイベントとして、日立シビックセンターで実施された「ひたちビッグバンド・フェスティバル」に初めて参加したのですが、20分で4曲を演奏させてもらいました。
 クラシック向きですが、いいホールです。
 ここでの演奏、間違いが多々あるのに今なお何度聞き返しても楽しめる4曲です。

 当バンドはホームページを持っているのですが、その連絡用メールアドレスに日立での演奏を聴いて頂いていたからの「(演奏を聴いて)この熱くなってしまった想いをどうしても伝えたくて・・・これからも益々のご活躍を陰ながら応援しています。」という感動のお手紙です。
 ウェブメールなのであまり気が付かず、半年近くほおってしまっていました。
 
 そこに、この演奏後感激冷めやらぬ思いで頂いた嬉しいメール、メンバーに紹介して、さっそくお返事。
 数度のやりとりを交わし、今回、わざわざ来て頂きました。

 1部と2部の間の休憩時間に楽屋までご挨拶に上られ、メンバーもうれしくなります。
 差し入れをいただいて、みんなで記念撮影。

 2部が始まり、田村ミサさんの素晴らしいボーカルを交えてのアンコールも終了。
 お客様のお見送りが終了して、後片付けで頂いたものを封を切ると、メンバー一斉に歓喜の声が。
 バンド名入りのカレンダーが差し入れです。

2013032304.jpg

 聞いてくださる皆さんと一緒に楽しめる場を持てる喜び。
 また、それを聴いて一緒に楽しんで頂いた方からの心温まるお手紙。
 ご招待させていただいた当バンドの想い。
 遠方から来て頂いたうえに、すばらしい差し入れで応えていただいた、その想い。

 ご縁とは、心のやりとりから生まれるものなのですね。




 感動さめやらぬメンバーも、来て頂いた友人や、いつもバックアップしてくれる家族との夕食など、少し冷えてきた夜道に消えていきます。

 私は来てもらった台湾駐在時代のジャズ仲間、日本に戻ってからの二胡仲間との飲み会に参加。
 旧正月元旦の日に来た時と同じ「大三元」は媽祖廟の隣です。

2013032305.jpg

 夜9時の店の中はもう、来てくれたこのメンバーの卓だけです。
 年齢層にあまりへだたりが無い(でも最大15歳くらい?)のもあるかもしれませんが、ジャンルは違えど、同じ音楽仲間。すぐ意気投合です。

 これも御縁ですね。



u ian bo ian tak e lai cho hoe, sio chiu lim chit poe ho' ta lah ho' ta lah

有縁 無縁 大家來作伙 燒酒喝一杯  乎乾啦 乎乾啦!

ホッタラ!!!

(「流浪到淡水」詞 曲:陳明章 歌:金門王&李炳輝 1995年/台湾語)


 

 
  1. 2013/03/24(日) 16:49:14|
  2. Jazz

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。