胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

Two weekend in Music

 10月から二胡を始めたこともあり、やはりナマ音を聴くのも大事と思い、2週連続でライブに行ってきました。
 なかなか、横浜付近での機会がないのですが、今回の1回目(10/12)は横浜反町駅での無料ライブ。

 人間ドックの帰りに初めて東横線反町駅に降りました。

 駅敷地内の地域コミュニティ用の小さな施設(というより小屋)でのライブ。
 ライブハウスでもないので、アンプなど持ち込みの様子です。

tanmachilive.jpg


 天井も低いし、なかなか辛そうな演奏でした。

 翌週の10/19は同じバンドでの横浜・馬車道駅そばのライブハウス・キングスバーでのライブです。
 二胡友のすぅさんが予約してくれていたので、かぶりつきの席です。

nicosdream.jpg

 このユニット、先週聴いた時には名前が無かったのですが、今回、発表がありました。
 Nico's Dream。 聞いた時には思わず笑いがでました。
 早くこのユニットでNica's Dreamを聴きたいです。
 
 この日は小さいながらキチンとしたハコでの演奏は演奏されるほうも、聴く方も一体となれる感じがします。
 このユニットの演奏が終わってから二胡仲間と店を換えて軽く飲んだのはいいのですが、家に帰りつくなり嘔吐と下痢と震え。食あたりだったのかもしれません。



 二胡の翌週(10/27)は女房の参加しているバンドを聴きに伊勢佐木町のクロス・ストリートへ。

 シロさんのボントロ、いつも通りカッコいいです。
 この日のアルト、マサさん、私の好きな派手な動きが見えませんでしたが、後光が差しています。

20121027.jpg
   
 打ち上げにはボントロ・ミッキーさんも一緒に参加。
 おいしい水餃子でした。









 


  1. 2012/10/27(土) 22:11:45|
  2. いつもの日記

Erhu for Ossans

 2年前に日本に戻ってからずっと拉いていなかったのですが、また二胡を再開することにしました。

 バストロの堂本さんにライブの時などに何回か、「バストロを習おうかとも思ってはいるのですが・・・とは話していたこともあったのですが、結局、二胡を習うことにしました。
 
 数年前の手術で口輪筋を切ったので吹ける高い音域が出せないようになり、低い音なら出るかととも思ったのですが、当然バストロだって高域は出てくるし、低くてもボリュームを上げると左側の唇からは息は中音域より多く漏れるので、もちろん演奏は楽しいけれど、ソロをバリバリ吹く方向へのモチベーションが今一歩上がらない感じです。

 そこへ、昔、ヤフオクで二胡のハードケースを落としてくださった「すぅさん」、高校同窓の奥さんの「シズエさん」が二胡への背中を押してくれる話やメールをもらって、再開始ということです。
 前々から横浜近辺で二胡教室を探してはいたのですが、時間帯の合うところが全然なかったのですが、「すぅさん」の紹介で、彼が行っている教室の見学に行ったのがトリガーになりました。

shingen.jpg


 日曜10/7は横浜ジャズプロムナードの最中ですが、今年は初日だけで、あとは二胡モード。
 初めての日本の二胡教室です。

 講師の方とは何回かメールでやりとりしていたので、そんな緊張かもなくご挨拶。

 日本では二胡というと、女子十二楽坊の変な影響か「楽器をやりたいという、割と年配の女性が多い」と思っていたのですが、教室に行くと、オヤジ類が私入れて4名。あと若い女性が1人。
 なんかオッサン臭いクラスです。(笑)

 まあ、逆に気楽にスタートできそうです。

 
  1. 2012/10/08(月) 19:49:20|
  2. いつもの日記

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター