胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひたち ビッグバンド フェスティバル

 ずっと5月に開催されていたらしいのですが、いつもの日立市民会館が震災の影響を受けて使えず、時期を9月末に変更し場所も変更となった「ひたちビッグバンドフェスティバル」。
 第19回となる2012年は9/29、JR日立駅前の日立シビックホールに代えて実施です。

2012092901.jpg

 東日本震災復興支援チャリティコンサートのサブタイトルが付いたこのコンサートですが、参加11バンド中、9バンドが日立付近、福島いわき市のバンドと我々、横須賀のバンドが他府県からの参加となりました。

 600人ほどのホールなのですが、満席です。
 クラシック向けのホールなので舞台の後ろにも座席があり、はじめはこのエリアは入れなくしていたのですが、座れない人が増えたため使い始め、結局、途中からここも埋まっていました。

2012092902.jpg

 はじめは高校のバンドもあるので父兄が来られていて、彼らの出演が終わったら、お客様も減るのじゃないのかと思っていましたが、最後まで満席状態。

 一番初めの出演バンドはひたちなか市のBトレインビッグバンド。
 白のブレザーでビッグバンド黄金時代のスタイルでの演奏で、さすが一番目なのでうまいバンドです。
 次は赤のブレザーの日立AMS・ニューラテンクォーターズ。往年の曲を演奏。「歌の無い歌謡曲」を思い出します。
 白・赤・黄のブレザーと続くのですが、演奏して拍手もらって次のバンドへ交代の繰り返し。まあ、発表会といえば発表会ですから、そんなものかもしれませんが、今一歩ものたりない感じがしました。

 数バンド聴いて楽屋に戻ると、メンバーは寝転がってモニターを見てワイワイ話す人、朝が早かったでのうたた寝する人、さまざまです。

2012092903.jpg

 確かに、内のメンバーは一番遠くは静岡県内からの参加ですからね。
 私も5時起きです。

 残念ながら、演奏中は撮影できないので、いずれどこかのHPに載るまで写真はお預けとして、我々ヨコスカ スピリット ビッグバンドの演奏。

 司会者の方が曲目を間違えての開始。
 グレンミラーのIn the Mood、You'd be Nice to Come Home to、闘牛士のマンボ、Cherry Pink Mamboと言われて、メンバーは「まあ、いいか」で始めた本当の1曲目のWhen you'er Smiling。
 2小節目くらいにまで行った時に司会者の方が、曲名間違いに気づいて訂正放送の乱入。
 頭から再開始かと演奏を止めたメンバーも。
 でも、吹き続けるメンバーもいたので、中途ハンパですが、曲に突入。
 イントロ8バーの後はボントロのソリでテーマに続きます。
 ここで、出だしのつまずきを回復しないとという想いで、ボントロ4人の気合が入ります。
 コンマスに言わせると「今日は(このコンサ-トホールのイメージに合わせて)コンパクトに演奏しようと思っていた」との事ですが、そんな芸ができるほど複雑な事を考えられないバンドです。
 いつものように思い切って吹くだけ。

 ギターの手拍子に合わせて1曲目、テーマ途中からお客様の満場の手拍子。
 クラシック向けホールなので音が回り、手拍子の音がずれて聞こえてきますが、しっかりしたドラムのおかげでタイム感はキープできました。

 ピアノは欠員状態なので、日立製作所・日立事業所Wind Machine Orchestraのピアニスト、生田目さんにお願いしていました。
 もう定年過ぎた方ですが、本当に「素晴らしい」の言葉以外にない演奏をされる方で、本番前わずか15分の曲の歩き方確認程度のリハでしたが、ノリノリの演奏です。
 吹いていてすごく楽しくなってきます。
 
 タマさんソロの定番、闘牛士のマンボでの合いの手では笑いも取り、バンマス定番のCherry Pink Mamboでは客席からも合いの手が入るくらいの演奏ができました。
 Cherry Pink Mamboのソロ途中で会場に降りたバンマス、手前に座ったおばあさんの、(音が大きすぎてか?)あまりにもビックリした顔つきにつられて、途中のソロの出だしを初めて間違えたという、イワク付きの楽しい演奏です。

 楽屋に戻るなり、あれだけ、コケたり、コケそうになったにも関わらず、みんな「いや~、楽しかった」の連発。
 通常のライブでも楽しく演奏させてもらっているものの、今日はホールでの舞台上からの演奏なので、いつもほどのお客様との一体感は得られないかと思いましたが、演奏している我々含め、600人が一緒に楽しめた感じがしました。
 特に一曲一曲終わったあとの大喝采は忘れられません。こんなに本番で吹いていて楽しかったのはかつて無かったほど。


 全バンドの演奏が終わったあとは全員(リズム以外)での合同演奏。
 テキーラ、シング・シング・シングです。
 各バンド、リズム以外で平均15人くらいとしても、合計で170人の演奏です。

2012092905.jpg



 この写真は全体リハの時の写真です。
 私の両隣は同じパートの高校生。考えてみると私の娘より年下なんですね。でもそんな仲間と会話しながら一緒に演奏できたことも楽しかったです。

 終了後は学生さん以外は懇親会を7階で。
 窓からは日立の駅と太平洋が見えます。(某社看板のあるビルの裏が日立駅です。)
 こんなに海に近かったんですね。

2012092904.jpg

 帰りはバンマスの車で送ってもらって、2時間半で自宅着。
 15時間のビータですが、楽しい一日でした。




 いや~~、でも、本~~っ当に楽しかった!!



 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 09:48:55|
  2. Jazz

專家技術、好厲害!

nikospain.jpg

昨日、帰任して初めて日本で二胡を外に持ち出しました。

 台湾で購入した二胡ハードケースを3年前にヤフオクで落札してもらい、今年FB上で連絡を取り合うようになった「すぅさん」に連れられて二胡教室の見学です。
 すぅさんは気さくな方で、ご夫妻でウチの女房が入っているビッグバンドのクリフサイド・ライブに来て頂いて初対面。その後日を改めて二人でグデングデンになるまで飲んだ仲です。
 飲みながら、すぅさんの行かれている教室の見学につれていってもらえるようお願いしていました。


 武蔵小山の教室に行くと、あとからチャリンコに乗ったウェイウェイ・ウーさんが来られて面談です。
 今までの経緯やどんな音楽をやりたいのか、楽器の話などをしながら、ちょこっと弾いてレベル判断されました。

 もう拉かなくなって2年以上になっていることや、後半は五線で習ったので簡譜が読めなくなってきていることを話すと、「始めは初級者クラスで簡譜に慣れてもらい、半年を目途にもっと上のクラスに入ってもらうのでどう?」という提案をうけることにしました。
 
 すぅさんのアドバイスで王根興さんの紫檀を持っていったのですが、老師も王根興さんの老紅木を使われているということで、そんな話題にも触れ、あっというまに面談終了。
 しっかり、弓の元の使い方ができていない事を指摘されました。まあ、「それはわかってますよ、だから習いにきたんじゃないですか。」、とは言えないか。(笑)

 でも、換把の動き方や、移動ドの感じ方など、質問に丁寧に答えてくれました。
 さすが、その道のプロは教えるほうまでプロですね。

 なにより「日本語」で教えて貰えるのが非常に有りがたいです。
 台湾は、そんな流暢にまでは話せない中国語で、なおかつ知らない音楽用語や、音や動作のニュアンスを中国語で会話するのはハードでしたからね。


 すごいのは同じ楽器を拉いても音が全然ちがうんですね~~~

 初めて二胡を買って温金龍さんに見てもらったとき、「まあまあの楽器だね。」なんて言われながら、私の二胡で彼が拉いた音のすばらしさは忘れませんが、今回も同じでした。

 「ジャズなんかもやりたい」というと、「この楽器はそういうジャンルには合っていそう。」なんて言われながら拉かれた「モナ・リザ」音の素晴らしいこと!! 
 これが二胡の音だ、と感じました。

 台湾で三人目の老師となった蔡老師に習う前の面談時に私が拉くと、彼女が「まあ、二胡の音にはなっているわね。」と言ってくれましたが、昨日のウー老師の音をきくと、天地の差があります。

 
 とはいっても、ウー老師、「この楽器、色が黒いし軽いので老紅木じゃないの? 前はもっと赤かった?」とのお言葉。
 この楽器は確かに軽いですが、二胡製作者の李さんも「この木は間違いなく小葉紫檀だね。王根興さんが貼ったかどうかまではわからないけど。」と判断されています。
 そういや琴軸の中など、まだ赤いところが残っています。

 やはり、ウー老師は拉くプロ、李老師は製作のプロです。「餅は餅屋」というところでしょうか。


 面談のあとはすぅさんのクラスを見学。
 コンサートが先日終わったので、基礎の再確認が昨日のコース。
 弓法を中心のレッスンでした。
 私はまだ楽器は持って参加はできないので、「エア二胡」で聴いていました。

 ウー老師、すぅさん、そして瑠璃玻璃クラスの皆さん、多謝!


 上の写真は昨日買ったCD付テキストの一曲です。
 ウチに帰って見たら添付CDの中にはSpainは入っていなかった。残念。
 入っている曲はカラオケ付のなのでこのCDで二胡Spainをやってみたかった。できないけど。
 でも、SpainのオリジナルキーはBだったような気が・・・・
 




 
 
  1. 2012/09/23(日) 11:40:10|
  2. 二胡の練習・奏法

台湾用免許翻訳書

 このところ台湾には仕事で行くより、遊びで行くほうが多い状況です。
 まあ、もっとも出張だと仕事、夕食、飲み屋のパターンなので駐在中の平日と変わりない動きなので、当然ですがゆったりできません。
 
 こんど11月に駐在時代に知り合い、日本に帰任した各社仲間との台湾ツアーを実施します。
 まあ、台北Swingで知りあった連中なので、夜はSwingで遊びます。
 ピアノは店にあるし、サックスは台湾出張が多いので楽器は店に置いてあります。
 ボントロも帰任されたメンバーのバルブ・トロンボーンを買い取って、店に置かせてもらっています。買い取ったメンバーはテナートロンボーンも置いているとのこと。
 自分のマッピだけ持っていけば吹いていいよとのこと。今は日本あちこちに散らばっていますが台湾時代の仲間は有りがたいです。


 昼間は一日一緒にどこか遠方へ行こうとの話はしていますが、ほかは各自、勝手知ったる台北付近をそれぞれの台湾の友人たちと過ごす形になりそうです。
 台湾は新幹線ができたとはいえ、地方都市では車がないと不便です。
 とはいっても、大陸よりはマシとはいえ、あの道路の中はなかなか運転できるものじゃないですね。
 そこで、観光地には探せば数軒はあるレンタバイクが便利。

 駐在時代は台湾の車や中型バイクの免許も持っていましたが、残念ながら帰任で「満了」で無効になってしまいます。
 そこで、北海道への台湾旅客用に始まった台湾の運転免許での北海道内運転許可制度の対抗で、日本の免許での台湾内運転許可証を取っておくことにしました。
 JAFで翻訳書を作ってくれるので、これを日本の免許証と携帯するようです。

taiwanlicensefanyi.jpg

 1年くらいが有効期間と思っていたら、JAFの職員さんが「日本の免許の期限まで使えます」との有りがたい言葉。
 ラッキーと思ったのですが、日本の免許はあと1年で更新です。
 10年免許で翻訳料3300円は許せるけど、1年では高い!

 ま、しょうがないか。
 (黄色の2枚は昔、取った台湾の普通免許と中型2輪免許です。)

  1. 2012/09/17(月) 13:19:09|
  2. いつもの日記

東京迪士尼海洋

 9/11は6年ぶりの「ねずみーシー」です。

2012091101.jpg

 家族の夏休みが合わず、どこも行っていないのですが、娘の提案で9月の平日に休みを取れとのこと。
 しっかり前売り券を買っておいてくれて、天気もバッチシ。
 10時に入園するとブラスバンドと米吉老鼠の女朋友がお出迎え。

2012091102.jpg

 そう、前回も同じ時期だったのか、ハロウィンがテーマのようです。

2012091103.jpg

 さっそく向かうは子供の頃の娘が嫌いだった「暗い」ところ、「タワー・オブ・テラー」。

2012091104.jpg

 平日というのに朝から70分待ちで入りましたが、これは初めて。
 乗り物は3基あるようで、娘曰く「Bが一番すごいらしいよ。私、まだBは乗ったことない。」とのことですが、ピッタシ「B」にアサインされました。
 いや~、飛行機のエアポケットはフッと落ちる感じですが、これは強引。
 途中まで落ちたところで、無理やり上げて、また落として。
 年寄にはつらいかも。
 怖いというより、「気持ち悪い」でした。

2012091105.jpg
 
 次のアトラクションに向かって歩きましたが、ねずみーシーは歩くにはジャマですが、水があるとなごみますね。

2012091106.jpg

 途中、TVでみた掃除のおにいさんが箒で書く絵。案外時間かけて書くんですね。

2012091107.jpg


 さて、またまた1時間ほど待って「クリスタルスカルの魔宮」ですが、インディ・ジョーンズとディズニーの関係ってよく判りません。
 これは前回、入ったかな?
 
2012091108.jpg

 タワー・オブ・テラーにひき続き、一番前の席です。

2012091109.jpg

 他にもあれこれアトラクションで遊びましたが、ねずみーシーで外せないのが「ビッグバンド・ビート」。

2012091110.jpg

 どれくらいの間隔で内容を変えるのかわかりませんが、前回とはだいぶ違っていました。
 しかし、米吉老鼠の中に入っている人はすごいです。
 ドラムが叩けて、タップが踏めて踊れる。
 ドラムは後ろのバンドのドラムと掛け合いなど、パワフルです。
 ラッパは3本、休符の間は振るは回すは魅せますね。ショーマンシップというところでしょうか?
 ボントロ2本は形状上、ペットのようには振り回せませんが、がんばっていました。
 やるからには、あれくらい見せないとダメですね。



 ねずみーリゾートの表示の中国語は繁体字だけと思っていましたが、今回初めて簡体字表記を見つけました。

2012091111.jpg

 まあ、最近は香港・台湾のゲストより大陸のゲストのほうが多くなっているでしょうから、しようがないかもしれません。


 夜のショーが始まる前に夕食。
 ねずみーシーの良いところはお酒があることでしょうか。
 フローズンビールとやらを飲みました。

2012091112.jpg

 まあ、泡だけ凍っているだけで100円高いのですが、飲みづらいので普通のビールのほうが良かったかも。

 夜のショーを見て帰る前に、娘がもう一度と、また、あの気持ち悪い「タワー・オブ・テラー」。
 今度は「A号機」でした。
 どんなものか朝のでわかっているのと、娘の話とおりなのか、B号機よりは軽い感じでした。
 でも、一番うえに上って、落下する直前に見える園内の景色、夜のほうがきれいでしたね。

2012091113.jpg

 今日は乗り物の一番前になるのが多く、楽しかったです。
 結局、閉園直前までの12時間、園内で遊んだことになります。

 ただ、一番の失敗は万歩計を忘れたことでしょうか? 何万歩、歩いたことか。疲れました。
 もともと、鼻腔炎なのか鼻水がすごいのと頭痛をロキソニンで散らして行ったのですが、案の定、翌日は朝から耳鼻科に行くことになってしまいました。





  1. 2012/09/12(水) 22:19:51|
  2. いつもの日記

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。