胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

YOKOSUKA Spirit Bigband First Live!

 シンガポールから帰った翌日は練習。
 その翌日10/24はYOKOSUKA Spirit Bigbandができて初めてのコンサート、ライブです。

2010102301.jpg

 場所はもと映画館、歯医者さんの佐々木さんがオーナーのライブレストラン"Younger than yesterday"です。

 3回の頬部分への大きな手術で3度吹くことを諦め、仲間の励ましで3度、また吹き始めたものの、上のF以上が出ません。
 台湾にいた時のジャズバーでの演奏はコンボですから原則ソロなので、吹ける音域、吹けるキーで遊ばせてもらいましたが、楽譜を吹くビッグバンドジャズはそういう訳には行きません。
 一部オクターブ下を吹かざるを得ない部分もありましたが、やはり皆と一緒に吹くのは楽しいですね。

2010102302.jpg

 全く緊張もせず、吹くのが楽しみだったコンサートはこれが初めてだったかも。

2010102303.jpg

 この日の写真はマイミクのイナさんに撮っていただいたものです。
 暗い中でしたが、きれいに撮ってもらいました。

 みんな楽しそうに演奏しています。

2010102304.jpg







  1. 2010/10/29(金) 22:16:09|
  2. Jazz

生日快楽 in Singapore

 翌日10/21は朝から打ち合わせですが、お昼すぎに一旦終って、夕方の面会まで時間があったので、3人で街中へ。
新しいカジノに行きましたが、スゴイ。
このビルの下にあります。上は船の形でプールがあるとか。

2010102101.jpg


 カジノというところへは行った事はありませんが、すごいサイズ。
 写真を撮りたかったのですが、誰も撮っていないのを見ると、写真禁制のようです。
 撮られたくない人も多いから・・・というのが行ったメンバーの考え。そうかも。
 シンガポール居住者は入場料が必要なのですが、観光客は不要とのこと。
 そうですね、観光客には金を落としてもらわないとね。

 このカジノのそばで「世界三大ガッカリ」の1つ、マーライオンが見えました。

2010102102.jpg


 インドネシアの焼畑農業の影響で街中が煙たく白くかすんでおり、ようやく見えました。

 写真は「川の流れる阪急三番街」じゃなくて、カジノの入っているビルの地下で一服しました。
 地上に溜めた大きなボウルの底から地下の池に水が落ちるエンタテインメントのようなものが終わって、よくわからないですが、オジサンが船に乗ってアジアチックさを演出しているようです。

 でも、スゴイ!と思ったのがそのオジサンの乗っている船のデザインが台湾・淡水河で見る漁業用の船と同じデザインです。

2010102104.jpg

 このデザインって、台湾だけじゃなくて南方中華圏のデザインだったんですね。



 そのあとは出張先にもどりましたが、MRTの駅には4ヶ国語で表示がかかれています。
 英語と中国語のペア、もう1つはマレー語と何語? これははじめのペア。
 中国語をカタカナ読みすると、タンピンニー。

2010102103.jpg


 出先の会社のショールームの壁に大きい写真が貼ってありました。「one of がっかり」の写真。

2010102105.jpg

 出先の方々と空港そばのシーフードレストラン村で食事。
 店の名前を見ると「珍宝」。おおっ、香港アバディーンのジャンボのチェーン店のようです。
 食べ終わったのが9時頃ですが、飛行機は23時25分発です。

 デザートが出たあたりで、別のテーブルでハッピバースディ・トゥユーの歌が聞こえてきました。
 だれか今日が誕生日の人がいるんですね。

 ・・・・チョット待った!! そういや私も今日10/21、誕生日だった!!!
 店の人に話しをして夕食のデザート分をディスカウントしてもらえたようです。


 わずか10分ほどで空港まで着いたものの、時間をもてあまし状態。
 香港・台湾でおなじみワトソンズでタイガーバームを買ったり、娘にシンガポール・動物園のキーホルダーぬいぐるみを買ったりで時間をつぶしました。

 定刻に離陸です。
 ホーチミンの空港とは違って誘導路はライトが埋め込まれています。
 深夜のフライトなのですぐ眠ろう思いましたが、1時間ほどはボーッとしていたらCAさんが「軽く飲まれると眠れますよ。朝5時には朝食ですから。」とワインをもらいました。
 深夜便はつらいとの話は以前も良く聞きましたが、起きてからですね。
 朝7時すぎに成田についてもボーッとしていて帰りついたのはお昼前です。
 結局、午後もお昼寝状態でした。
 そのまま会議があると会社に行ったカンダさん、エライ!
  1. 2010/10/28(木) 22:41:00|
  2. 海外

ラッフルズ・ホテル~ロング・バー

 シンガポールのホテルに着いたのは10/19の24時ころ。

 翌日10/20は先方との時間調整で午後3時の打ち合わせになったので、飲み屋で2時ころまで飲んでいました。
 10/20朝は9時過ぎに起きてメールを見ようとシン・クライアントを繋ごうと何度も設定を変えながらトライしてもダメ。
 結局お昼近くまでやりましたがギブアップ。
 一緒の出張者はOKだったようで、どうやら私の部屋の接続が不安定だったようです。
 一人が以前2カ月ほどシンガポールに出張で来た事があったので、彼の案内で老舗ラッフルズホテルへ。

2010102001.jpg

 サマセット・モームが絶賛して長期滞在したというホテルです。

 中のレストランは滞在者オンリーとの立札がありましたが、どうやら観光客の冷やかし対策のようで、入口にいるターバンを捲いた厳めしいインド人に食事をしたい旨を話をすると、すんなり入れてくれました。

2010102002.jpg

 お昼時間帯はカレーバイキング。いろんなカレーがあり、どれも美味しいです。
 まだ、時間があるからとソムリエのお勧めでスパークリングワイン1本を3人で飲み干しました。

 その後はショプでホテルグッズをお買いもの。
 お~い、仕事をしに来ているんだよね~~(笑)

 そこから「これも経験」ということで地下鉄でひと駅のRaffles Place。
 ICカードチケットの買い方もわからず、あれこれ押しながらようやくゲット。
 駅上のショッピングモールの中をざっと通ってから、打ち合わせ先までタクシーで移動しましたが、場所が分らないためタクシーに乗ったものの、実は近くてワンメータの距離。運転手さん、ゴメンなさい。


 打ち合わせ先のインド人社長はインド人特有の発音は無くわかりやすい英語です。相手の言うことを聞こうとする態度や、すぐ対応をとる旨の約束など(実際翌日にはプロジェクトへの対応が始まっていました)、立派な方でした。

 1時間少しの打ち合わせだったので、グループ会社出先の人との会食まで時間があり、またまたラッフルズホテルまで戻り、ロングバーへ。

2010102003.jpg

 いい雰囲気のバーです。カクテルのシンガポール・シリング発祥の場所だとか。

2010102005.jpg

 テーブルの上に置かれた無料のピーナツを食べて殻は床へ落とすのが定番らしく、床は殻だらけです。

2010102004.jpg

 行ったメンバーが悪いのか、呑み助ばかりなので、仕事が終わった(前もですが)とたんにビールです。

2010102007.jpg


 オシャレなドレスを着た白人女性にコナを掛けてる男がいてうまく落としたのか、シンガポール・シリングを1杯飲んだ女性に別のカクテルをおごっていました。(いや、会話は聞こえないのですが、そんな雰囲気)

2010102006.jpg


 夜は出先の方に中華をごちそうになりましたが、風邪っぽい感じだったので飲み屋に行ったのは私以外の2名。
  1. 2010/10/28(木) 21:50:14|
  2. 海外

越南・胡志明市から新加波へ

 翌10月19日は午前中の打ち合わせが終わり、夜のシンガポールへの移動まで時間ができ、街中を観光できました。
 始めに「これだけは見るべき」とベトナムの人に言われた「戦争博物館」。
 行くと停電で2時まで入れないとの張り紙がありました。
 次に統一会堂に行くと、お昼休みで1時まで入れないとのこと。

 しょうがなくベンタイン市場を冷やかしましたが、暑い。

2010101901.jpg

 ざっと中を一巡してから、早めの中食に。
 巻物のお店です。
 どれもおいしいです。

2010101902.jpg

2010101903.jpg



 セルフで巻く具材にはドクダミや大葉もありますが、どれも淡い香りです。
 ただ1つ強い香りの香草がありましたが、なんというのかわかりません。

2010101905.jpg

 パクチー(コリアンダー)がイヤと言うほどでるのではないかと心配していましたが、ホテルの朝食以外にベトナム料理を3食とりましたが、何故かパクチーはほとんど無かったです。


 おなかが一杯になったあとは統一会堂へ。

2010101904.jpg

 ここに北ベトナム軍が入って戦争が終結したといわれているらしいですが、地下に作戦室などの設備がありました。


 2時になったので戦争博物館へ行くと、まだ停電継続中。
 一部だけ無料で入れるようですが、枯葉剤の影響や戦争の悲惨な写真が多く展示されていました。
 外には米軍が逃げ帰ったときに残された戦車や軍用機が展示されていました。

2010101906.jpg


 そのあとはハノイへ移動する出張者メンバーと別れ、ホテルラウンジでビールを飲みながら時間つぶし。
 タイガービールなどもあるのですが、やっぱりご当地333。

 空港で土産物を探しましたが、どれも中国・台湾などとカブるものばかり。
 結局、余ったベトナム・ドンでTシャツ一枚を買っただけでした。

 シンガポールまでは2時間で時差+1時間のチャンギ空港22:40着。
 でも市街までは近いので車で20分ほどでオーチャード通りのホテルにチェックインできました。

 

 



 
  1. 2010/10/22(金) 22:33:00|
  2. 海外

台湾最南端「墾丁」上空通過

 2010年10月17日、18:30成田発のフライトですが、数年ぶりのANAです。
 乗って3時間少したつと、台湾最南端のリゾート地「墾丁」の上空を通過しましたが、もう夜のフライトなので外は何も見えません。

2010101701.jpg

 フライト6時間40分。時差2時間で23:00に着いた先はタンソンニャット国際空港。ベトナム。ホーチミンです。

 実は海外は新婚旅行のハワイとバンド仲間とのニューヨーク、そえ以外は出張の香港、中国、韓国しかありませんでした。
 今回、初の南方台湾越えです。

 翌朝から打ち合わせですがフランス系のホテルのロビーに迎えに来てくれた車に乗り込み、街の中を走りますが、中国の地方都市のような感じがします。
もちろん、私のイメージにある中国地方都市といっても20年以上も昔の中国ですし、街中の看板もベトナム語なので一概にはいえませんが。

 でも、ホテルの部屋から見える風景の後方では高層ビルが急速な発展を主張しています。

2010101801.jpg


 ベトナム戦争といえばサイゴン崩落による終戦が1975年。私が高校生のときです。
 それからの社会主義国としての復興とその停滞、1986年からのドイモイ政策による発展が今日に繋がっているという感じでしょうか。

 悲惨な歴史がありましたが、この国は平均年齢が27歳前後の若い人たちの国です。
 年寄りと太った人が見当たらない、活気に満ちた感じがします。

 午前の打ち合わせ後、お昼は「pho24」というチェーン店でフォー。
 夕方までの打ち合わせ後はベトナム側の会社ご招待でおしゃれなレストランでのベトナム料理です。

2010101802.jpg

 中ではライブ演奏もされています。

2010101803.jpg


 ビールはもちろん、ご当地ビールの333、バーバーバー。

2010101804.jpg

 料理はどれもおいしいです。

2010101805.jpg

2010101806.jpg

2010101807.jpg

 ほかのテーブルの若い人たちは「モー(1)、ハイ(2)、バー(3)、ヨー!
(4)」と声を合わせて乾杯しています。
 ニッポンからのオジサン出張者軍団もヨー!を連発していました。(笑)



 ホテルに戻り、一人でホテルの近くをぶらつきました。
 フランス時代の教会がステキです。

2010101808.jpg

 表に回るとマリア像が。

2010101809.jpg


 道を挟んで郵便局って言われましたっけ、歴史を感じさせるステキなビルが建物がありました。

2010101810.jpg

 社会主義国なので壁のプロパガンダ的な絵をあちこちで目にしますが、そんな前で若いカップルが寄り添っているのを見ると、この国の若い力強さを感じました。

2010101811.jpg







 









 



 
  1. 2010/10/22(金) 19:18:03|
  2. 海外

横濱ジャズプロムナード

 10月の連休は恒例の横濱ジャズプロムナードです。
 
 年々、参加バンドが増えてくるので抽選?なのか、申し込んでも参加できないバンドが増えているようです。
 会社のバンドもそうでしたし、女房の参加しているビッグバンドも落選したとか。

 でも参加するのに3万円もとられてネコババされるような運営じゃ、参加意欲も沈み込んでしまいますね。

 知り合いのバンドが横濱ジャズプロムナードの一環で桜木町のジャズライブ・バーKing's Barに出るというので、覗きに行ってきました。
 バンド名がBien Who?といって「蝙蝠」の中国語読みです。

 King's Barはもう何年も行っていませんでしたが、地下に降りると「あれっ?こんな狭かったって?」と思うようなスペースです。
 以前はソファーかなんかに座ったような気がしましたが・・・・
 よく吹かせてもらった台北Swingも昔のお店は狭い感じでしたが、いい勝負です。
 新しいSwingの半分くらいでしょうか?

bien-who.jpg

 さすが練習を重ねているので、そつなく演奏されていました。

 でも、外はあいにくの雨。
 外で演奏予定だったバンドはみんな中止だったようです。
 3万円、帰ってくるのかなぁ?


 
 
  1. 2010/10/09(土) 23:54:56|
  2. Jazz

また一人、またひとり。

台湾の会社でとっていたネット紙がよくセミナーを開催されたりしていました。
日本に戻り、しばらく残してもらっている台湾の会社のメールを覗くと、いつものようにそのメディアから台湾税務のセミナー案内がありました。

 いつもはメールの最後にそのメディアの台湾支店責任者の名前が載っていたのですが、今回は名前が見当たらず、別の人の名前でした。
 名前の見当たらない責任者こそ我らが上班族バンドのバンマス、フルーティスト、むささび嬢でした。

 今回は名前がない・・・・そう、彼女もあさっての土曜に帰任とのことです。
 でも彼女の名前のあったところには、彼女の同僚だったトロンボニスト、通称「かちゃん」の名前があります。

 私が8/31に帰国、アルトのアキナが9/6に上海へ異動、そしてバンマスが10/9に帰国と、上班族(サラリーマン)バンド管楽器部会の台湾離脱ラッシュです。
 テナーのつっちぃさんも、そろそろ声がかかってもおかしくない頃。
 下手な演奏をいつも聞きに来てくれた、「女将」のぶさんも先週、香港へ異動。

 異国の地での出会いがあり、別れがあり・・・
 
 いずれみんな、それぞれの新しい生活が始まるのでしょうが、かの地でできたこの「仲間」も大事にしたいですね。
 帰国したメンバーで台北Swing第一期上班族バンドOBバンドというのもいいし、そのうち台北で同窓会セションなんていうのもいいかも。

 とりあえずは、まだ台湾で働くメンバーに加え、「かちゃん」も是非、メンバー入りを!


 同窓会セション。それまで、店、たたまないでくださいよ。マスター!(笑)
 
 
  1. 2010/10/07(木) 23:02:49|
  2. Jazz

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター