胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

東港~小琉球 (その肆)

 昨夜から、ずっと雨が降り続いています。
 ホテルの5階で宿泊に付いていた朝食をとって、1階ロビーに下りると、ホテルの前は洪水状態。

2010053001.jpg

 こりゃ、大鵬灣どころかバス停さえ靴じゃ行けないです。 だからここらの人はみんなサンダルなのか・・・なんて思いながら、カウンターのシャオジエに「高雄に行くバス停はどこ?」とか「タクシーで行ったらいくらくらい?」なんて話しながらも、今日は早く帰ろうと決めました。

 部屋から遠くに見える大鵬灣をうらめしく見ながら・・・・

2010053002.jpg


 少したつと雨も止んで、降り始めてもポツポツ程度になったので、1階に下りたらだいぶ水が引いていました。
 でも、去年の8/8の大雨では腰から胸ちかくまで水で埋まったとのこと。
 そういや、土曜夜の佳珍海産店の老板も「(記事を指して)この写真、古い店だよ。去年の88があったから大トロもみんな水に浸かって大変だったけど、外装内装し直したんだよ。」と言ってましたっけ。

 水が引き始めたとは言っても、道はまだ水が溜まっているので、ホテルのシャオジエが「地下駐車場からアタシが車を出して、7-11の前のバス停まで送ってあげるよ。」と言ってくれたのですが、これだけの雨だとバス路線もどうなっているか不安だったので、(白)タクを呼んでもらうことにしました。

 値段を聞いたら600元。 ヨシ!と思ったらまた電話があって、「昨日の雨で二本の河を渡る橋が封鎖されていて、だいぶ大回りになるから、プラス200元。」とのことだけど、「そうならなるべく早く帰ったほうが良い」と」思って承諾です。

 ボロッちい車に、大丈夫?と思えるおじいさん運転、確かに1本目の橋のたもとまで行きましたが封鎖されており、ほかの道も心配でしたが、途中ドシャ降りもある中、なんとか小港空港駅まで送ってくれました。

2010053003.jpg


 さて、高雄空港に着いたのが思ったより早く、10時20分。
 そのまま台北に帰ろうか、と思ったけれど、「大鵬灣」の穴を埋めるべく、急遽、20年以上台湾がらみの仕事をしていながら行っていなかった高雄・旗津までタクシーを飛ばしました。
 高雄のタクシーは初乗りが85元なのですが、メーターが早く上がる? そんなに距離を走っていないような機がするのですが、付いたら320元でした。 これならさっきの白タクさん、安いです。

 またまた走っている途中からの土砂降りのなか着き、小さな折りたたみ傘じゃ全然機能しなさそうだったので、タクシーから降りてすぐ前にある7-11で大きめの99元ビニール傘を買ったら、急に止みました。
 マーフィーの法則、健在。


 埠頭付近をぶらぶら歩き、早めの昼食にしました。
 旗津まで来たら当然、海鮮ですよね。 一品100元のお店で食べました。

2010053011.jpg


 サシミ盛り合わせと白魚の天ぷら、海瓜子という貝の炒めです。

2010053012.jpg


 昨日から海鮮づくしです。
 ま、半分はそのために来たんですからね。

2010053005.jpg


 食べたあとは、これまた初めての旗津のフェリーで市街に渡りました。

2010053013.jpg


 船着場から5分ちょっと歩いて西子灣駅。
 昨日買った「二日カード」で美麗島駅乗り換えで左営駅まで捷運を利用しました。

 乗った新幹線は10分後出発のもの。
 途中、雨はなかったように思いますが、道路がさっきまで降っていたかのように濡れているところも多かったです。
 
 行きも帰りも新幹線の中でコーヒー。40元です。
 きれいなシャオジエが車内販売に来てくれます。

 コーヒーを飲み終わったらもう台中。
 そのあとウトウトしながら、台北駅着は13:44分。
 15分後には台北のアパートの部屋を明けていました。


 台北駅で捷運に乗る時、また最寄り駅で降りる時に判ったのですが、高雄の捷運の乗車カードのICチップの干渉力というか反応はかなり高そうです。
 台北の悠遊カードとは折りたたみ財布の別側に入れていたのですが、干渉力が強くて悠遊カードが認識できません。 財布を開く状態にしても改札が開きません。
 結局、乗り降りとも悠遊カードを財布から出して改札しました。



 さて、なんか、黒マグロを食べにわざわざ東港に行ったような感じですが、本来の目的は小琉球です。
 各諸島の小さな島には行けていませんが、馬祖、金門、澎湖、緑島、小琉球に入島し、残るは蘭與島と亀山島のみです。(亀山島は自然保護管制区なので抽選になるので、難しいかも)
 なんとか来月、時間を見つけて蘭與島にもチャレンジしたいです。

 
  1. 2010/05/30(日) 20:08:21|
  2. 台湾内旅行

東港~小琉球 (その参)

 東港は黒マグロの港として有名です。
 水揚げするところの横にマグロ市場があります。 まあ場外(場内?)市場ってところでしょうか。

2010052921.jpg

 中には、こんなのを切っているお店も。美味しそう・・・というか高そう。

2010052922.jpg

 ここまで来て黒マグロを食べないと、と思い、その中の一軒で立ち止まると、シャオジエが「一人だったら、これどう?」とショーケースの中の小さな一サクを指差します。
値札には200元。 まあトロではないですが、小琉球で昼食をとらなかったけれど夕食も近いので、と思い、軽く食べようと思いました。
 当然、ビールですね。(笑)
 冷凍のビショビショのマグロと違って深い味です。おいしい。

2010052923.jpg

 ついでにここで、桜海老を購入。 東港の桜海老は台湾では超有名です。

 並んだ店の前にはマグロが置いてありました。

2010052924.jpg


 デカイ!!!!
 この黒マグロさん、「ニックネーム:小黒(黒ちゃん)、性別:女性、スリーサイズ:34インチcカップ-26インチ-26インチ、学歴:海洋科学技術大学、趣味:マージャン、将棋、ホストクラブにハマッてます」とキョウギに書いてあります。
 まあ、ここまではお店のシャレでしょう。その横に「310Kg、15万元、クレジットカード可」とあります。
 マグロを見る目は持っていませんが、日本なら100万円以上するのではないでしょうか?


 そのあと、調子にのって並びの店で東港名物の油ボーズ(油魚子)とからすみを買っちゃいました。
 帰任が迫っているので、東港にくるのも今回が最初で最後だろうから、あれこれ買うものするのもいいだろうと自分を納得させながら、ホテルにチェックイン。

 ホテルに戻る途中、20年前にタイムスリップしたかと思うような、「黄色でない」タクシーを見つけました。

2010052925.jpg


 あいかわらず雨は降ったりやんだりですが、部屋の窓から大鵬灣が見えます。
 明日、雨さえ降らなければ、ホテルのレンタサイクルで走るのになぁ、でもだめだろうな・・・なんて思いながらTVをつけると、各地ですごい雨のようです。100mm以上の雨が降っているところもあちこちあります。

 まあ、明日のことは明日考えようと、一息ついてから夕食に。
 ホテルのカウンターのシャオジエに「一人で海鮮が食べられるような店を教えて」と聞くと、宿泊客用の付近地図を出して、髭鬚ナントカという名前の店を教えてくれました。
 光復路ぞいに「ナントカ海鮮」といった店が並んでいるので、そこは?と聞いたら、「円卓っぽいスタイルだから一人で入りにくいし高いよ。」とのことだったので、とりあえず、髭鬚ナントカという店に行きました。
 ほとんど屋台に近いにような店構えで確かに安そうだけど、マグロなんて置いていないような感じ。
 台北でもどこにもありそうな、小吃店です。
 こんな街並みの中を歩いていきました。

2010052927.jpg


 じゃ、お昼も遅かったし、まだ7時だからガイドブックに乗っているような店も覗いてみようかと光復路あたりをぶらつきました。
 ずっと上がっていた雨がまた降り始めました。
 こぎれいな「佳珍海産店」で、一人でもOK?と聞く前から「お一人様?」とのことなので大丈夫なのでしょう。とりあえず入ることにしました。
 メニューはショーケースの中から選ぶスタイル。これ、便利ですね。

 マグロの大トロは一人前2000元(約6000円)、中トロ1600元、トロ1200元。
 ほかの海鮮も食べたいと思い、悩んでいると一人前6~7切れだけど、半分でも出せるよ、とシャオジエが言うので、トロを3切れ、カニたけのこ、大鵬灣カキの春巻き揚げ、桜海老チャーハン、桜海老グラタン、フカヒレ団子スープを頼みました。

 これが黒マグロ。 一切れで昼食の1人前の値段です。

2010052931.jpg

 ご当地名産、桜海老のチャーハン。 きざみニンニクがピリッと辛く、美味しいです。

2010052932.jpg

 大鵬灣で取れた牡蠣の春巻みたいなもの。アツアツで飛び出した牡蠣エキスで唇をヤケドしてしまいました。

2010052933.jpg


 かつおだしベースのスープに旗魚(カジキ)を中心に、九孔(とこぶし)、フカヒレ、海老を混ぜ込んだ団子です。

2010052935.jpg

 台湾のこの季節は生タケノコ。その上に蟹足。 これがまた合うんです。

2010052934.jpg

 ここまででおなか一杯ですが、やはり桜海老のグラタン(メニューにはパイとありました)。 チーズグラタンの中にはアスパラとパイナップル。 このパイナップルまた甘くてデザートみたいです。

2010052936.jpg



 これにお約束のグアバ、スイカが数切れと、冷たい緑豆湯がついて締めです。
 一人前が小さいのですが、これだけ食べるとおなかもパンパン。
 それより嬉しいのはどれも美味しい!!!
 おいしいものをこれだけ食べて820元は安い!!
(あとから考えると、トロ半分で600元だから、あの1200元は定価で、実際はもっと安かったのかも。)
 東港を紹介した日本語サイトの記事をテーブルにおいていたら、目ざとく見つけたオバサンが、「この店、載ってる?」と聞くので、「ここにあるよ。」と」見せると、「ちょっと貸して、老板(オーナー)に見せてくる。」との事。

 食べていると、蕭さんという老板が来て、話し始めました。
 「毎年今頃には900本ほど取れる黒マグロが今年は350本。少ないんだよ~」、「昔、マグロ漁船の船長やっていたから、美味しいところ良く知っているよ~」とか「今でも、毎年1本目のマグロを買っているんだ、その1本目のマグロを食べにわざわざ墾丁から毎年来るお客さんがいてね~」なんて笑いながら話してくれます。
 普段、台湾語しか話さないのか、中国語モードに切り替わるのにだいぶ時間がかかりました。(笑)


 おなか一杯になってホテルまで帰り着き、雨の音で何度も起きながら日曜朝を迎えました。



つづく・・・・
  1. 2010/05/30(日) 20:07:49|
  2. いつもの日記

東港~小琉球 (その貳)

 東港の港から小琉球行きの船に乗り30分。 小琉球に着いたときには雨は一旦上がりました。

2010052911.jpg

 よしよし、と思いながらレンタバイクを200元で借りたものの、走り始めると、また雨がポツポツ。
 そういえば1月の馬祖島でバイクを走らせた時も雨だったなあ?なんて思い出しました。
 対向車が全然無いような道を風を感じながら走ります。ヘルメットなしで走るのはいい気分!

2010052912.jpg


 この島は珊瑚でできた島らしいのですが、あちこちに「ナントカ洞」というのがあります。
 埠頭から左回りに回って1つ目が美人洞です。
 この日の愛車です。125ccかな?

2010052913.jpg

 一応、遊歩道ができていますが狭い上に雨ですべりやすいのが難儀しました。
 あちこちに「頭小心(頭上注意)」と書かれています。


2010052914.jpg


 確かに天気がよければ景色は素晴らしいと思います。
 こんな日でも明るく見える部分もありますから、いい日には海の色が違ったでしょう。 
 

2010052915.jpg


 雨が降ったりやんだりの中、何箇所か回ると、雨はもちろん汗もあって、気がつくとポロシャツがビショビショに濡れています。 バイクでは帽子が飛びそうだったのでかぶり直したバンダナもビショビショです。
 ゴルフのときに時々使ったことのあるウインドブレーカを来て、ようやくヘルメットをかぶりました。
 ヘルメットには庇がついているので、めがねに雨が当たらずいい感じです。
 台湾は原則(というか道交法で)ヘルメット着用義務はあるのですが、地方に行くと7~8割がたかぶっていません。
 レンタバイク屋のオバサンも「気が向いたらかぶってもいいから」と言っていたし・・・

 もっと早くにかぶればよかった。
 雨は少し小降りになったかと思うとまた降り始め、の繰り返し。


 途中、奇岩というでもないですが、いろんな海岸線を楽しめます。

2010052916.jpg


 一周回って、「あれ? 小琉球のシンボル岩(花瓶岩というらしい)を見ていない。どこ?」と船着場でもらったパンフを見ると、船着場の先を海岸沿いに少し走ったところです。
 さっきは、道なりに走ったので気がつかなかったようです。
 だいぶ引き潮になっていたようで、根元まで入れます。


2010052917.jpg


 証拠写真を撮って、結局、2時間半くらいで、東港への船に乗りました。



つづく・・・・・


  1. 2010/05/30(日) 20:06:57|
  2. 台湾内旅行

東港~小琉球 (その壹)

 この土日(5/29-30)は台湾南部の天気予報は雨。

20100525tenki.jpg

 なかなか週末に空きがなかった屏東・大鵬灣大飯店の予約が取れたので、雨の中かもしれませんが半分しょうがなくも行くことにしました。
 台北を出る直前に気象局のサイトを見ると、中南部の大雨注意報が豪雨注意報に変わっていました。
 まあ、ゴルフと同じで、ゴルフ場まで行ってみないと天気はわからないので、前日に7-11で台湾新幹線のチケットも取っていたので、とりあえずゴーとしました。
 チケットをコンビニで買えるようになったのはすごく便利です。
 でも、チケットはファミマのほうが立派ですね。

2010052900.jpg


 8時台北発の台湾新幹線、途中、うす曇のところもありましたが、終点の左営駅につくまでパラパラながらほとんど雨です。
 左営駅からの墾丁行きバスは東港を経由しないとの事で、先ずは高雄駅まで高雄捷運(地下鉄)で移動です。
 高雄出張は何回かありますが、左営から顧客先までタクシーだったので、高雄捷運は初めてです。
普通カードが200元で運賃100元が含まれているし、この土日以降乗ることもないので、普通カードでもよかったですし、トークンでもよかったのですが、今回、紀念に「二日カード」というのを購入しました。
230元で乗り放題です。

2010052901.jpg


 台鉄高雄駅までは5駅。 高雄駅の前に立ったのは20年振りくらいです。
 今は新しい駅を建築中で、当時の駅は横にあり、紀念館になるようです。

2010052902.jpg


 駅のインフォメーションで東港行きのバス乗り場を聞くと、旧駅舎の向こうに国光客運が見えるからその左の高雄客運とのこと。
 バスはどこかのサイトに10~15分おきに出ているとの事だったので楽勝と思っていたので、とにかく高雄客運のキップ売り場で「東港まで1枚」というと、売り場のオバサンが、「直行は出ていないよ。乗り換えで次ぎのバスは40分後。」と、冷たい返事。
 40分は待てないな~と思い、隣の国光客運の看板を見ると「東港」の字が見えます。

2010052903.jpg

 念のため国光客運の窓口に行っても、やっぱり、乗換えだよ~とのこと。
 土地勘のないところなので、「乗り換えのバス、すぐわかる?」と聞くと、「ああ、わかるよ。」との話で、次のバスが10分後くらいだったので、とにかく乗り換えの「林園」というところまでキップを買いました。 
 バスに乗ると高雄の街中を信号であちこち止まりながら小港空港を通ります。
 途中、GPSをチェックがてら目的地を入力しました。

2010052904.jpg


 はじめから判っていれば、捷運で小港空港駅まで来ていたのに、とも思いましたが、知らなかったのだからしょうがない。
 そのままバスは雨の中を走り、林園(らしい)ところまで。
 途中、林園へ行くらしいシャオジエがいたので、そのシャオジエが降りたところでバスの運将(うんちゃん:台湾語で丁寧語での運転手さん)に、「林園なの?」と聞いたら、「まだだよ、アンタ、乗り換え?」というので、まだらしい。

 また少し走り、バスが道の端に寄ったものの、バス停っぽいものはなし。
 でも8人乗りバンが何台か止まっている。
 どうも大型バスから、8人乗りバンに「乗り換える」らしい。
 バンの運将に「東港?」って聞くとうなずく。 ま、なるようになれと思い、乗り込みましたが、この日はずっと雨なので、屋根のない外で「待って考える」という」選択肢がないのがつらいです。
 バンの写真を撮ろうとも思いましたが、雨の中なので諦めました。

 このバンが走り始めたときに、またGPSに電源を入れました。 方向としては合っています。
 途中、大きな河を越えました。
 橋を渡ってすこしたつと、また「乗り換え」とのこと。 おいおい、「2回も乗り換えって聞いてないよ~」と思いましたが、ようやくここまで来てわかったのですが、さっきの橋が工事中で、「幅の広い大型バスが通れない」というのが乗り換えの理由だったようです。
いくらか忘れてしまいました。62元だったかな?
 運将が携帯端末をたたいてレシート風のキップを出してくれましたが、降りるときに回収されちゃいました。

 降りるバス停がどこなのかも判らなかったですが、乗り換えるたびに運将に「東港」と確認していたのが効いて、GPSがホテルまで100mちょっとになったところ止まったかと思うと、運将が「東港だよ~」との声があり、雨の中に降りました。
 台湾のバスには次のバス停の案内が無いので、言葉のわからない人にはつらいものがあります。
 降りた町には、騎楼が見当たりません。騎楼はビルの1階の前面を歩道としてものなのですが、どこでもあると思っていたのに少々、面食らいました。
 でも、そういや地方都市には少なかったかも、と後で思い直しました。
 降りたところの選挙事務所の軒下で方向を確認。信号1つ先を曲がるとホテルの看板が見えました。


2010052905.jpg


 とにかく、「ここまでくれば予約が通っていればナントカなる。昨日の夜のホテル予約状況はまだ空き部屋があったので、もし予約が通ってなくても、部屋は確保できそう。」と思いなおし、雨の中、港のほうに向かいました。

 始めは土曜に大鵬灣をサイクリング、日曜に小琉球、と考えていましたが、天気予報だと、まだ土曜のほうが降水確率が若干ながら低かったので、ちょうど12時頃に着いたので時間もあるし、先ず、小琉球に行くことにしました。


つづく・・・・
  1. 2010/05/30(日) 20:05:47|
  2. 台湾内旅行

台北市の東は南港展示場のあたりまで

 今日(5/23)の台北は9時半ころから雨が降り始めました。
 1年以上振りにゴルフの練習場に行ってきましたが、帰ってTVをつけると阿里山など中南部では豪雨でがけ崩れなど大変なようです。


 昨日は天気はそこそこ。
 カメラを持って街中を走りましたが、あまりピンとくる被写体がなかったです。

 南に走り、和平東路の手前から東方向に通化街の市場の間を抜けていきました。
 ごちゃごちゃした看板の合間から台北101が覗いています。

2010052201.jpg


 少し走ると、松x路という名前が多くなります。たとえば松智路、松平路、松仁路、松勇路、松廉路、松寿路、松高路、松徳路、松信路などなど・・・
 地名だと思えるのは松山路くらいですね。松山駅、松山区がありますから。
 このあたりは、まだポッカリと空き地があったりします。


2010052202.jpg

 あと、この地区一帯には無人貸し自転車スタンドがあります。
 遊悠カードで借りられます。
 
2010052203.jpg

 そのあとは台北101の東側、紐約紐約(NewyorkNewyork)を通って北上、饒河街を抜けて基隆河ぞいのサイクルングロードを上流の端までいきました。
 ちょうど南港展覧館の駅の裏あたりが終点です。 ここが台北市と台北県の境になっていました。
 途中、遠くに台北101が見えます。

2010052204.jpg

 市の境の終点からアパートまで7Km少しありました。
 市内あちこちのサイクリングを走りましたが、淡水河ぞい以外のところはどこも空いていますね。
 この日の自転車は26kmほど、少なかったですね。

 でも自転車に乗るようになってから行動範囲が広くなりました。



  1. 2010/05/23(日) 17:46:59|
  2. いつもの日記

今年初の半そで出勤

 今日(5/19)の天気予報は最高気温34℃。

 今年初めての半そでYシャツでの出勤です。

 あつ~~


 異常気象っぽい今年の台湾も、ようやくいつもの台湾っぽくなってきました。
  1. 2010/05/19(水) 08:17:23|
  2. いつもの日記

KHSの台湾式?ビジネススタイル

 昨日は距離的にはそんなに走っていないのに、ふくらはぎがジンジンしていて、昼ころまでごろごろしていました。
 天気もそこそこなので、このままじゃイカン!と思い、花市そばの丸固車行まで行き、後架(荷台)と打気筒(空気入れ)、携帯袋(輪行袋)をつけてもらいました。
 日本のサイトを見ると専用キャリアが定価3150円、特別販売価格2700円、輪行袋が定価6300円、特別販売価格5400円ですが、これにドリンクホルダーにつけるタイプの細い空気入れの合計で2250元を2000元(約5800円)でいいよ、とのことでした。
 GIANTのビジネススタイルはスマートに出来上がっていますが、小さな特約店といい、KHSは台湾らしさがのこっていますね。
 
 
  1. 2010/05/16(日) 23:44:01|
  2. いつもの日記

本日のバイク~初夏の鍋

 初めて自転車をMRTに載せました。
 駅のインフォメーションで「初めてか?」って聞かれ、パンフを渡されました。
 どうやって駅に入るか等、書かれています。
 でも、入ったからここにいるんですけど。
 下の写真がキップです。人と自転車セットで80元。

2010051501.jpg

 先頭と最後尾車両に乗せるのは知っていましたが、各車両8台乗せられるようです。
 既に自転車を乗せている家族がいました。

2010051502.jpg

 亞東医院駅で降りたものの、初めての土地で助かったのがGARMIN nuvi205W。台湾楽天で3990元でした。
 ちょい反応が遅いですが、走り出すと方向がわかるので重宝します。

 大溪ぞいは淡水河の自転車道と違って、すれ違う自転車はほとんどありません。

2010051503.jpg

 ホントは三峡老街~鶯歌に行くつもりでしたが、雨がポツポツしてきたので、引き返すことにしました。
 (実際は朝方4時までSwingで飲んでいたのが効いていたのですが)
 大溪を渡ろうとするのですが、自転車道が一般道とは隔離されたように離されていて、そこまでナビには出ないので何度も行ったりきたりしまして、ようやく対岸の樹林郷に渡りました。

2010051504.jpg

 雨はずっとポツポツとしていて、濃い雲が近づいてきます。
 ようやく、三重までもどりましたが、ここでも道がわからなくなりナビのお陰で「方向が違ってる!」ことが」判りましたが、今日の迷って走っている距離は案外多かったです。

 大稲�の埠頭は最近は自転車道の出発点みたいになっていますが、そこで出張警官がいて自転車登録をしていました。
 聞くと、我々ガイジンでも登録可能ということで、申請書に書くとフレーム下部の製造番号をデジカメで撮っていました。
 ようやく台湾も自転車登録が始まったようです。
 日本と違うのは、日本のいわゆるママチャリは台湾ではバイクが担当していて生活の一部となっていますが、逆に自転車は趣味の道具で、値段も高いものも多いのでこのような登録が必要になってきたのでしょうね。
 台湾も犯罪検挙率は高いですが、でも、盗まれてこれで戻るんだろうか・・・?

 民族西路で台北市街地に入り、東区のアパートまでたどり着きました、
 サイコンを見ると44.2km走っていました。
 サイコンについていた説明書に新しいほうのチャリンコのタイヤサイズがなかったので一番近いのを設定してありましたが、さっき、日本語のサイトをみたら乗っていました。15.5cm多く設定されていました。
 ・・・ということは実際は、39.8Kmを走ったということになります。
 昨日買ったパッド付きサイクルパンツのおかげか、新しい自転車のサドルが細いタイプだからか、オシリは痛くならないですみました。

2010051500.jpg

 
 途中、友人のケンちゃんから夕食を一緒にしようとしよう、という電話があり、10年振りくらいに永康街というか麗水街というか、あのあたりの「東門餃子館」に行ってきました。
 餃子屋にいって餃子を食べず、酸菜白肉鍋をつっつきました。

2010051505.jpg

 ケンちゃんの友人の周さんは仕事が終わらず食事に間に合わなかったので、二次会に誘おうと、ウチの近所の「ただいま」に場所を移動。(結局、周さんは仕事が23時でも終わらなくて残念でした。忙しい公務員さんです。また大きなニュースがあるのかも。)

 飲んでると、ケンちゃんが「おっ、めずらしい!」と入り口に目をやったので、私が振り返ると着流しの男性が。
 目が合うと吉家のジミーさんが「あ、こんちは。」
 
 そういや昨日、Swingで飲みましたよね。
 台北も狭いですが、日本人がいく台北はもっと狭いようです。


  1. 2010/05/15(土) 23:58:00|
  2. いつもの日記

功学社(KHS) F20-T33 2010年新款 

 この週末は当初予定は台湾新幹線で高雄まで行き、そこからバスで1時間、黒マグロの街、「東港」に行く予定でした。
 ホテルの空室はぎりぎりあったのですが、天気予報がいっこうに良くありません。
 金曜の定時ころまで待ったのですが、土曜の夕方まで雨マークだったのでこの週末の南部行きはあきらめました。
 台律楽器に電話するとトロンボーンの修理済みとこと、MRTで取りにいってきました。


 翌、土曜は台北もどんより曇り空。
 気になる自転車の在庫があるという功学社(KHS)の北部総代理の店まで、GIANT FD17Sで走りました。
 台湾楽天で買ったナビシステムGARMINに住所をインンプットして、基隆河のサイクリングロードを上流方向に走ります。便利ですね、ナビ。
 日本に帰任したら車にも欲しくなりました。
 他国の初めての道でも安心して走れます。
 この自転車屋さん、「南港」という駅のそばですが、総代理というより町の自転車屋さんの倉庫って感じでした。泉利実業。
 ・・とは言っても総代理。各種各フレーム色のものがおいてありました。
 気になっていたモデルよりひとつ上の機種に目が移り、GIANTは値引きなしだったのに対し、こちらは1割引。
 かなり迷ったのですが自転車で来ているので、そこで別の自転車を買っても乗って帰れないですし、今晩悩んで明日電車でこようと、また基隆河を下っていきました。
 シロツメ草がいっぱい咲いています。

2010050801.jpg


 マッカーサー橋のそばだけかと思って撮りましたが、サイクリングロード沿いにずっと咲いています。
 まるで季節はずれの雪が降ったようです。

2010050802.jpg


 そのまま大直橋をくぐり、先日閉まっていた(土日が休みと思っていましたが、この間は祝日だったんです。)ゴルフショップでロストボールを買おうとしたら、1ダース350元のがあるから、と言われ購入。
 自転車の荷台に乗せてまた逆方向、自宅に向かいました。

 夜はスライド調整したキング3Bを持ってSwingに。
 スライドはかなり調子よくなっていました。
 30分おきぐらいずつ、遊ばせてもらい、飲み仲間の女性が金曜日に会った元カレ(今も?)の話を聞きながら、結局、2時過ぎまで。

 


 日がかわって今日は大安森林公園そばの自転車屋さんに。
 昨日Swingに行く前に寄ったら、マンゴーイエローのF20-T33、2010年モデルの在庫あるよ、とのこと。
 昨日の昼、わざわざ南港まで行かなくてよかったみたい。

 今日は午後2時頃まで雨でしたが、3時ころにようやく明るさが出てきました。
 GIANTについてたバッグやサイクルコンピュータをはずして、持っていきました。
 F20-T33は日本未発売で、型名は同じでも毎年仕様が変わります。
 今年のモデルはハンドルポストが折りたたみになったり、サドルがスポーツタイプ、部品が金色になったりと高級感を出しています。
 小売希望価格27,900元の10%オフで25,000元(72,500円)、それにサドルバッグ、フロントライト、泥除け、水筒スタンドを追加してプラス1,400元でした。
 このモデルは香港でも中国でも売っているらしいですが、老板曰く、香港は7,000元高、大陸では10,000元高らしです。

 この折りたたみ式F20シリーズの最下位機種が台湾ではT2(16速)ですが18,500元(約54,000円)、日本では同型が92,400円です。やっぱりだいぶ安いなあ~~

2010050901.jpg

 後ろのGIANT FD7Sは某浴室機器メーカのノリさんにSwingのボトル1本と交換です。
 気が向いたらバッグもオマケするね、と言ったのですが、気が向かなかった(というか思ったより気楽に付け替えてくれた)のでゴメンです。
 代りに(ならないでしょうが)未使用の輪行袋とヘルメットをオマケします。

 持ち込んだフロントバッグやサイクルコンピュータもセットしてもらい、ウチまで少し遠回りして走りましたが、30速の使い方もよくわからないものの軽いですね。
 ダンパーが聞いているのか、振動も少ないです。

 功学社は別事業でヤマハ楽器と協業しています。
 ちなみにJupiterはこの功学社が出元となっています。
 数年前に蘆州市の本社に行きましたが、そこは楽器だけでした。

 今日は時間が無かったですが、輪行袋を買って、来週は太平洋側の町でも電車につんで走ってこようかな?



2010050903.jpg

特色
 坐管Seat Post為了不易刮傷,由外徑29.2改為27.2+襯套 (T3B仍沿用29.2的外徑)。
 踏板Pedal加裝不易滑的4根鋼釘及CNC加工。
 座墊Saddle改為輕量化、舒適性及速度感兼顧,由校長Jack&維樂老板Stella,共同開發的貼臀性…(讚!!)的J&S座墊。
 折疊車(軟尾巴)系列平把公路車高級之傑作,輕巧方便,不但可折疊置於後行李箱,亦有輪行袋可配用,便於攜帶、被譽稱為「小輪徑跑天下」的千里馬。
 新型專利,小巧省力,方便操作又美觀的折疊器設計。
 車架:立體字LOGO。鋼性吸震兩相好的鉻鉬鋼管。絕妙的軟尾巴設計。新型專利,小巧省力,方便操作又美觀的折疊器設計。
 前叉:雙曲線造形的鋁前叉。
 後吸震器:美國Power Tools的(不回彈)精心設計。
 座墊:人體工學設計跑車型座墊。
 變速系統:微轉變速系統。
 大齒盤:外掛式52/39/30t鍛造CNC加工、附齒盤保護片鈦/CNC金色。
 飛輪:11/28t (10S)。
 把手:Power Tools設計,平把型。
 腳踏板:Q2超輕鋁合金防滑設計踏板。
 輪胎:20 ×1.35 100psi高壓防刺跑車胎。
 輪圈:超硬鋁合金、特殊不銹鋼絲組配、前後快拆鋁合金花古。


途中、国父紀念館の向かいにオシャレなお店がありました。
おお、ここがMICASA。
日本人がやっているからといって和菓子の店「三笠」ではなく、スペイン語?で「私の家」だそうです。

2010050902.jpg

Swingにもよく来られるパティシエ・喜手納さんのお店ですね。
自転車のカギを持ってこなかったので、また別の機会に行ってみたいですが、ヲヤジ一人で入る店じゃないですね。


 自転車屋に着く4~5軒前にアウトドア衣類を売っている個人商店がありました。
 そこで、自転車、ゴルフ兼用として日焼け防止用スリーブを買ったのですが、レジで精算すると、「カーネーション要る?」とシャオジエ。
 そうか、今日は台湾でも母の日です。
 日本じゃカーネーションが高い季節ですが、このお店、なかなかやりますね。
 「不用。因為我ママ在日本。」と答えましたが、そう、このお店、普段駐車場が週末だけ花市場になる建国花市のすぐ近くでした。

 夜は、スカイプで大阪の実家につないで、母とビデオ会話。便利な世の中になったものです。




 
  1. 2010/05/09(日) 22:02:32|
  2. いつもの日記

鳥街 (和平西路x中華路)

 三回目にしてようやく台律楽器が開いていました。
 会社の帰りに寄ってきました。

 行きは楽器を持っていたので会社からタクシーに乗ったものの、タクシーの運将が道を間違えたらしく、少し行き過ぎて降りたのですが、旧市街の龍山寺付近は碁盤の目のように道路が走っていないので、どの方向かわからない。
 一回目は1月2日の昼にMRTで、その次は昼間の自転車で走ったので、景色が違うので方向音痴状態。

 とりあえず大通りを越えて、バイク修理屋さんに「汀州路はどこ?」ってきいたら、指差して「たぶん、あっち」とのことでした。
 でも、なんか方向が違うような気がするなあ?と信号待ちをしていると、親切なオバサンが「あんた、楽器の修理? だったら、あそこじゃないの?」
 バイク屋さんで指差されたのとは反対方向に「台律楽器」の看板が」見えました。

2010050401.jpg

「愛想の悪い」と評判(笑)のマサさんは不在で、若い職人さんが対応してくれました。

2010050402.jpg

 外管を念入りに撫で、先のほうで、「ひっかかりがあるね」とのことでした。
 急がないから、と言うと、「じゃあ、2~3日ちょうだい。値段は1000元(約2900円)」とのことでした。

 
 龍山寺までの道を聞いて、道路を渡ると、ヘルメット屋やさんがありました。
 老板(店主)に値段を聞いたら499元とのこと。
 自転車屋さんで1000元以上で売っているのと同じようなタイプだったので、即購入。

20100504021.jpg

 メタリックレッドのもよかったのですが、老板が白をオススメ。


 そのあと歩いていると、香港あたりでよく見かけた鳥籠がぶらさがっている店が続いています。

2010050403.jpg

 駅に近いほうに「鳥街」との看板がありました。
 そういえば、先日の自転車で走った際に鳥屋が多いなあと思った通りがありましたが、ここだったようです。

2010050404.jpg

 道なりに歩くと、言われたとおりMRTの看板が見えました。
 西門町を出たあたりで、Swingマスターから電話があり、タニミズさんが2トロンボーンの楽譜持って待ってるよ、とのこと。
 善導寺駅でおりてSwingに向かいました。
 LAMENTを練習しましたが、そろそろお客さんが増えてきたので中止。


 その夜は福岡のプロ・サックスの人(KEN Gさん)が台湾に遊びに来ていて、台北ナビを見てきたとのこと、連れのボーカルとすばらしい演奏を聞かせてもらいました。

2010050405.jpg


  1. 2010/05/04(火) 23:59:26|
  2. いつもの日記

久々にいい天気

 昨日は出張者と食事&2次会で終わったのが0時。
 新生北路まで歩き、Swing前で老板と分かれ、地下に降りていきました。
 
 今週は福岡からSAKUさんがこられているのもあるけれど、カウンターには空き席がなく、クロちゃんのテーブルへ。
 久々にQちゃんやサージとも会えました。

 Swingにはめずらしく3人のベーシストが交代で演奏です。
 マスさんのギターとのカルテットがいい感じです。そういつつも2曲ほど吹かせてもらいました。

 めずらしく1週間に2度もヒカルとも会えました。さすがに1時半を超えたあたりからみんな帰り始めたけれど、ヒカル、エミリー、ジェイの日本留学3人組のテーブルで3時半ころまで飲んでました。
 歳が半分くらいの彼・彼女たちには、いつも元気をもらえます。

 

 
 昨日の4時寝がたたって、今朝は9時に起きても目がはれぼったい。
 でもあまりのいい天気なので、買い物がてら自転車ででかけました。
 先ずは、スーツケースのカギが折れてスペアをお願いしたいたカバン屋さん。 2週間かかったけど出来ていました。
 次は自転車屋さん。 先週、泥除けをつけてもらった時に金具の関係でズレたのか、後輪ギアがゆがんでいるようで
す。見てもらいましたが軸は曲がってなかったようです。

 途中、昨日の飲み屋のママが台南の人で、「ここのはホント台南の味」とお墨付きを出した、好記担子麺の向かいのお店の前を通りました。
22010050111.jpg

 その後はゴルフ道具やさんに行きましたが三和商事ゴルフ、土日は休みだったようです。残念。
 事前にネットに情報ないか調べたけど、ヒットしませんでした。
 続いて、乾物屋街の迪化街へ方面へ。
 このあたりには表通りでも時々レトロな建物があります。
2010050112.jpg

 迪化街の北のはずれには味わいのある消防署がありました。
2010050113.jpg

 迪化街も観光地っぽくなってきましたが、町外れのほうが昔っぽい建築が残っています。
2010050114.jpg

 
 迪化街では東港の桜海老を購入し、淡水河に出て南下です。ちょうど満ち潮なのか水位があがっていました。
2010050115.jpg


 トロンボーンのスライドを調整しようと朝から何回も電話したけれど出ないマサ(馬沙)の店。台律楽器。
 龍山寺あたりから街に入り、汀州路1段の彼の店に行きましたが、案の定、シャッターが下りています。
 ネットには休日は日曜と休日書いてあるのに・・・・と今、書いていて気がつきました。
 今日は土曜日だけど、労働節(メーデー)で休みでした。

 続いて、先日の台南駅前あたりで落としたと思うE-P1パンケーキレンズのフィルターを探しにカメラ街へ。
 20年前はホント、カメラ屋街でしたが、デジカメの登場が原因かカメラ専門店も減っている感じがします。

 
 そのあとは、二胡の弱音器を買いに愛国東路x金山南路の長安楽器へ。
 途中、総統府の前を横切りました。
 自転車を止めると、危ないから端から取ってくれと、警備員が何人も寄ってきました。
2010050116.jpg

 長安楽器ではもう店員さんに顔を完全に覚えられているので、親しげに挨拶してくれます。
 楽譜を買おうかと思いましたが自転車のバッグがそんなに大きくないので、今日はパス。

 街中なので、そんなに距離はないかと思いましたが、21km走っていました。
2010050101.jpg




  1. 2010/05/02(日) 00:28:21|
  2. いつもの日記

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター