胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

14回目の礁溪

14回目の礁溪です。

2010032801.jpg
 楊さんと足湯のあたりで昼食をとり、李十三さんの家へ。
 李さんの近所のこの花(名前を知りません)が咲く季節になっていました。

2010032800.jpg


 二胡や中胡、高胡を何本か弾かせてもらいましたが、ポンちゃんの二胡、いい音がします。
 いい楽器を弾くと、上手くなった感じがしますね。
 そのあとに持参した自分の楽器で弾くと、現実に戻ります。(笑)


 李十三さん自作の楓ビール、桂花ビール、黒檀ビールを飲ませてもらいましたが、アルコール度がだいぶ高いようで、三人で飲みましたが、案外酔いが回りました。

 『沙皮さんに「そろそろ日本に帰任するよ」って言ったら、「一度、高雄に行ったら台北に上がるから一緒に飲もう」との回答があったので、「じゃあ礁溪で李さんたちと飲みましょう」』っていう事にしたよ、と話したら「歓迎歓迎」とのことでした。
 また、「台北スイングで上班族バンドで遊んでいるんだけど、宜蘭のライブハウスがなくなったので、宜蘭遠征ができなくなっている」、って話したら、李さんより「大音量で演奏できる場所があるよ、今度皆でおいでよ」とのこと、どんな場所やら・・・?


 久々に白蛇シリーズを弾かせてもらいました。
 真中のは以前、ポンちゃんが使っていたものですが、今の彼女の楽器のほうがいい音がします。
2010032802.jpg



 帰りは雪山トンネルが渋滞なので北宜道路で坪林まで走り、高速に乗り換えました。
 北宜道路の入り口までは雪山トンネル方向と同じで渋滞なので、道路際で打っているキンカンを会社への土産です。
 3斤(1800g)で100元(290円)でした。

2010032803.jpg

 今日も李さん、楊さん、ありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/28(日) 22:49:02|
  2. 台湾内旅行

本日のバイク、台北~八里~淡水

本日の走行距離:52.01km

蘆州市辺りから見た淡水河です。
台北市側から見る淡水と少し角度が違いますね。
ここまでくると、観音山の形もはっきり見え、右のほうには赤い関渡大橋が見えます。
20100327001.jpg

その関渡大橋をくぐるあたりには淡水風の漁船が。
20100327002.jpg

淡水河左岸を北上して河口には海上保安庁相当の海巡署の監視所があり、その監視所から河に向かって突堤が突き出しています。
20100327003.jpg


淡水河を淡水老街まで渡りました。
本人は20元、自転車は25元でしたが、別の会社の船だと自転車はタダと聞いたのはキップを買った後でした。
20100327004.jpg

本日のコースは、
昔、鉄道が走っていた市民大道を西に走り、淡水河にぶつかると北上。
民権大橋を渡って三重市に入り、淡水河右岸を北に進むとまもなく蘆州市です。
そのまま淡水河に沿って走り、洪水対策用の川を越えると五股郷。
北上を続けると関渡大橋をくぐり、まもなく八里郷です。
蘆州市に入ったあたりから川岸横にはマングローブの木が多くなってきます。
このマングローブ、大きなさやえんどうの様な実が成り、熟するとそのまま湿地に突き刺さるように落ちます。
そこから新しい芽が出てきます。
そんな小さなマングローブの成長を見ながらさらに北上を続けると、川向こうに淡水の老街が見え、その先には淡水フィッシャーマンズワーフ、漁人馬頭(馬は石偏)の白い情人橋が見えます。
淡水河の河口の観海長堤で写真を取ると、引き返します。
八里渡船頭で自転車ごと淡水老街まで船で渡ります。
今日のこの時間は引き潮の時間らしく、淡水老街はちょうど対岸なのですが、河口方向に紅毛城あたりまで行き、それから上流に向かいました。
ここからはひたすら台北の街に向かって走るのですが、MRTの線路を左に紅樹林駅、竹圍駅、関渡駅をすぎるあたりで、そろそろ疲れが出始めました。
戻りのコースがずっと向かい風とあって、サイコンの数値も時速15Kmくらいが続きます。
関渡駅の手前から自転車道は駅から外れて走るので電車に載せて帰る事もできません。
太ももがパンパンに張り出して、ロードタイプの自転車の人にすいすい追い抜かれて行きます。
なんとか社子島まで戻りましたが、その後は気合いで重陽大橋をくぐり、高速の橋をくぐり、民権西路の台北大橋をくぐり、市民大道の出口まで。
あとは3Kmほどなのですが、早く脚を投げ出したいのに1回の信号で2分以上待つような台北駅あたりでイライラしながら、あとは歩道ではなく車道を走ってなんとかアパートまでたどり着きました。

こうやってブログを書きながら考えてみると、50km以上自転車で走った事って初めてかもしれません。

ほとんど休憩もせず走りっぱなしだったのが失敗でしょうね。
船の上は動けませんから、それが唯一の休憩でした。

20100327bike.jpg

走行時間は3:21:19、最高速度37.3km/hr、平均15.5km/hrでした

  1. 2010/03/27(土) 22:39:16|
  2. 台湾内旅行

夜の九分

 初めての夜の九分(分は人偏)です。
 第一希望の部屋は取れませんでしたが、日光涵館の5号室もなかなかの景色です。

2010031901.jpg

 もう九分は10回近く来ていると思いますが、基山街から外れた路地に入ったのは2~3回あるかどうかです。
 所謂観光ルートの基山街、竪崎街もいいですが、一歩はずれると静かな路地が入り組んでいます。
 そんなところからのほうが、ホントは眺めがいいんですね。

2010031903.jpg

 少しぶらぶらしていると、急にガスがかかってきました。さすが山の天気ですね。

2010031902.jpg

 ガスので暗くなってきたので、基山街をぶらつきました。
 平日だったので、土日のような混雑も無く歩けました。
 基山街の有名どころはオーイー団子と、カノジョですね。右の人はちがいます。完全になりきっていますが、女房です。(笑)  

2010031904.jpg

 実は翌日の土曜朝、カノジョの店の前を通るとスッピンで一生懸命、ソーセージの下ごしらえをされていました。
 アフロのかつらも無く、伊達めがねフレームもないフツーのオバサンでした。

 でも九分といえば、この階段ですね。

2010031905.jpg

 夕食は竪崎路と軽便路の交わるところにある九分茶語でとりました。
 団体観光客が入っているので、どうかな?と思いましたが、まあ、味はそこそこです。
 陽台では韓国人カップルが夜の海を見ながらお茶していました。

2010031906.jpg

 初めて行った1990年頃は観光地らしさは全く無く、単なる山の中の村でしたが、2000年頃から急激に観光地化して、最近はほとんど日本人観光客向けの観光地になってしまっています。
 看板にも日本語が大きな字でかいてあり、ここは中華街か!と思うほどです。

 そんな竪崎路も暗くなると日本語看板も目に入らなくなり、夜景のきれいな通りになります。
 階段の上からの写真ですが、海岸沿いにある明かりがぼんやりと海と夜空を写しています。


2010031907.jpg

 今回、びっくりしたのは朝の9時頃から夜の9時頃まで日本人団体旅行者が来るんですね。
 1号線の暖暖あたりからバイパスが繋がったせいで1時間ほどで台北からこれるようになったからでしょう。
 ずっと瑞芳まで電車で行ってバスに乗り換えで行っていましたが、2000年ころに一度バスで帰った時、デコボコ道に揺られて2時間以上走ったような気がします。
 台北に着いたときにはオシリがヒリヒリしていたのを覚えています。

 そんな九分も9時を回ると竪崎路ぞいの数件の茶芸館以外は閉まり、静かな街になります。
 あれだけ多くのバス、車、バイクが走った道にも深夜には一台のヘッドライトが見えません。
 遠くには深奥湾とその先の海岸沿いの町の明かりが海に映えています。

2010031908.jpg

 朝5時過ぎになると、東の空がうっすらと明かりを帯び、鶏籠山のシルエットが浮かんできました。
 昼間の喧騒がウソのようです。

2010032002.jpg

 朝8時過ぎにお店に出勤する人たちがちらほら見えるものの竪崎路には他にだれも見えません。
 一番静かな時間帯なのでしょう。

2010032003.jpg

 軽便路にある民宿のオーナがやっている喫茶で朝食です。
 隣の席は香港の人でしょうか、広東語らしき言葉でした。

2010032004.jpg

 そろそろ基山街に人が増えてきた10時すぎ、基山街から軽便路に下りる路地から青い海が見えました。
 ごったがえる基山街とは違って一人もすれ違わない路地ではあちこちで猫がのんびるとくつろいでいます。
 こんな景色が本当の九分の美しさかもしれません。

2010032005.jpg




  1. 2010/03/21(日) 23:40:08|
  2. 台湾内旅行

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。