胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

二胡の独演会を聞きに。

 先週日曜日、買い物に出かけた帰り、MRT忠孝復興駅の通路で二胡演奏会のポスターを見かけました。
 若い女性の二胡奏者、廖珮さん。

liaopeiyu2.jpg


 台湾の二胡といっても超有名な温金龍さんくらいしか知らないし、そういえば先生の二胡以外の音以外、ナマ音は聴いたことがないと思い、行ってみることにしました。

 仕事が終わって、近所の「社員食堂」になってる日本食屋で夕食を済ましている間に、突然大雨に。
 店の女将さんとこれから二胡の演奏会に行くと話していると、アルバイトの女の子(高校生くらい?)を呼んで、彼女のお母さんが二胡の先生だとか、彼女も弾くとか、お父さんは笛子を演るとか・・・話していると、そろそろ時間に。 だけどドシャ降りのまま。

 やむなく、店の前から歩道を越えるだけでビショビショになりかけてタクシーに乗って、文化大学城区へ。
 文化大学は台北市内が一望できる山の上にあるけれど、各大学、市内にも出先を持っているようで、文大の出先は建国南路x和平東路の台湾大学のそばです。 
 一見普通のビルで、インフォメーションがあり、垢抜けた感じ。

 インフォメーションの男性に表演廰の場所を聞くと、「国楽ですか?」との問い。「對(yes)」と答えたら地下とのこと。  階段を降りると、受付が。
 無料なので、そのまま通ろうとすると、パンフを渡してくれて台帳にサインしてくださいだって。
 顔に大きなガーゼを貼ったスーツ姿の変なオヤジが日本人のサインをしたのを、どんな顔してみていたのか・・・

 ホールは通路は真ん中に縦に1本ある程度だけど、小さいながら100数十の席がある、こぎれいな部屋。
 きちんと階段状になっています。
 コンボなんかの演奏にいいくらいの大きさ。

liaopeiyu.jpg


 演奏曲目は、


 姑蘇春曉
 一枝花
 河南小曲
 葡萄熟了
 江河水

 チゴイネルワイゼン
 天山風情
 雙闕
 長城随想3、4楽章

 アンコール

でした。


 チゴイネルワイゼンを二胡でできるとは・・・・ビックリ。
 まあ、二胡の先生も入試のときに同級生が「クマンバチの飛行」をやっていたと言っていたし、何年も練習すればできるんでしょうね。きっと。

 
 廖さんの演奏、特に二部がよかったです。
 現代音楽っぽい「雙闕」の楊琴との掛け合いもすばらしい。 曲の構成としての掛け合いは編曲者の力でしょうが、それをバトルとして伝える二人の力にもスゴさが見えました。

 舞台なので二胡はデーハーな化粧ですが、楊琴の郭珍さんの清楚な感じの伴奏もステキでした。

 
 
  1. 2008/05/30(金) 23:14:09|
  2. 二胡の練習・奏法

久しぶりの花市、玉市

 今日は久しぶりに花市、玉市にいって色々と冷やかしてきました。
 紫檀や銀杏を花瓶に生けたの盆栽?っぽいものがあり、かなり迷ったけど、最終的にはパス。
 この数年、花瓶に凝ったものや、イキな飾りが増えてきたような気がします。

hanaichi02.jpg


 道路を一本挟んだ隣の玉市も覗いてきました。
 琥珀色というと、ウイスキーや最近ではYEBISUビールでしょうか?

kohaku2.jpg


 台湾琥珀を出している第314ブースの劉恵敏シャオジエに久しぶりにご挨拶。
 「最近、琥珀、減っているんじゃない?」と聞いたら、
 「そうなのよ~、特に透明で中の不純物がきれいな形のが減って、白い不透明なのが多くなっちゃって。ワタシは透明のが好きなんだけど。」との事。
  1. 2008/05/24(土) 22:12:58|
  2. いつもの日記

弓子の選び方

 こんなステッカー、作りました。

stecker.jpg


 二胡の部分は、先生の名刺デザインを見ながら、アドビ・イラストレーターで似たような絵を描きました。

 ステッカー用紙は家電チェーン店「燦坤」で買った、台湾製の安いステッカー用紙を切りました。

 透明のフィルムに白のデザインなら、黒いグラスファイバーのハードケースに合うところだけど、そんなフィルムは無かったので、しょうがない。


 
 もう6週間も二胡のレッスンができていません。
 日本帰国で2回、入院で2回、出張者対応で2回の6回。

 数分づつでも毎日弾いているので、弓の使い方が自然になってきました。
 あと、弓の選び方がなんとなく分かったような気がします。

 タイトルは「ユミコさん」の選び方じゃないです、弓子(コンズ)、二胡の弓です。
 (そういや、会社の後輩にxx弓子さんっていたなぁ、先輩と結婚しましたが。関係ないか。(笑))


 竹が柔らかすぎると、丸く湾曲するので、内弦を弾くときの右の中指薬指のアクションが大きくなってしまう。
 逆に外に反っているくらいの場合、内弦を弾くときの中指薬指に力が強くないといけないし、外弦から内弦に移るときにデンペンの角に弓が引っ掛かり、運弓に支障がでます。

 結局は、自分の力加減に合うかどうかだけなんでしょうが、
(1)竹の部分にあまり内側の反りが強くなく、
(2)内弦のための薬指中指の力がキツくない程度の弓毛の張りで、
(3)デンペンの角をスムーズに移動できる位の張り、反り
の強さでしょうか。

これが揃う弓か、これらの反り張りを調整できる弓であれ、老師のように弓毛が平たくなる形で弾ける感じがします。
今度買った弓もビッタシではないですが、使っているうちに(1)~(3)に合ってきそうな感じがしてきました。

 弓毛を選ぶだけの実力は、まだありません。

 でも、何本か買って使ってみないと、わかりませんね。やっぱり。
 毎回、弓を付け替えるのは大変ですが、二胡が複数本あれば、弓も比較検討しやすいですね。

 日本に置いていた二胡を持ってきてよかったです。
  1. 2008/05/21(水) 22:41:03|
  2. 二胡・楽器について

迪化街・霞海城隍へお参り

 一昨日、友人から電話があって、彼がお参りに行って占い師に聞いた際にワタシのことも聞いたら、「もう、だいぶ台湾の人になっている。廟にお参りに行くように。」とあったとのこと。

 そういや、去年12月の手術前に彼が霞海城隍のお守りを送ってくれたままになっていました。

 今回の化膿は、きちんと手術成功のお礼にあがらなかったから、バチがあたったのでしょうか?
 まあ、とにかく彼がくれた廟の場所を地図で探したところ、乾物屋街の迪化街。
 そういや、年末に何回かアメ横相当の迪化街に行った時、お廟があったなあと思い出しました。
 
 台北駅まで地下鉄で行ってからタクシーで数メータ。ありました、ありました。

 このあたりは、台北・発祥の萬華地区が栄え、次に(川)港街として栄えたあたりで今も「大稲埕埠頭」があります。

byou03.jpg


 文字通り老若男女、ミニスカート穿いた女の子から、家族連れ、おじーちゃんおばーちゃんまで。
 台北では龍山寺や行天宮が有名ですが、その何分の1にも満たない小さな廟です。

 50元で線香と金子(チンズって行っていたので多分これでしょう)を買って、線香に火をつけてからお参り。
 お参りのしかたを日本語で書いた紙が貼ってありました。
 龍山寺のお線香なんかは無料なので細いのですが、ここのはさすが有料、何倍もの太さがありました。

byou02.jpg


 どこのお廟もそうですが、額は線香の煙で真っ黒です。

byou01.jpg



 夜、シャワーを浴びてからガーゼ交換したら、まだ膿が付いていました。
 神様、速く直してね。
 現金なもんだ。まったく。(笑)

 そーいや、台湾のお寺って、とにかく自分にとって良いようになることだけお願いする感じがします。
 「人事を尽くして天命を待つ」ではなくて、「とにかく神様オネガイ」です。

 
 あぁ、だから、占い師さん、「台湾人になってきてる」っていったのか。(笑)
  1. 2008/05/18(日) 22:04:18|
  2. いつもの日記

二胡用絆創膏と自分用絆創膏&15日目に退院。

 なかなか化膿が収まらないのですが、まあ回復傾向にあるらしく、ちょうど入院して2週間の5/15朝に退院できました。

 

 顔にまだ大きいガーゼが貼ってあるのですが、今朝、シャワーを浴びたら濡れたのと、腫瘍手術で移植再建の影響か鼻水に血が混じるのでガーゼが汚れるのもあって、自分で交換しました。

 大体、病院では外科で且つ台湾なんで「差不多」というか大雑把というか(笑)、バカでかいガーゼの張り方だったので、畳んで患部だけが隠れるようにちょっと小さめに貼りました。



 外の空気に当たったほうが良いかと思い、楽器屋まで二胡のデンペン(墊片)の上に貼る、絆創膏を買ってきました。

bannsoukou.jpg


 前回の帰国時に、ニチバンの絆創膏を買いましたが、使いやすいように厚さが薄くなっています。
 かつ、重ね貼りしやすいように表面がツルツルになっていました。

 ところが、二胡のデンペンに貼る場合、適度な摩擦というか引っ掛かりがあって、厚みがあったほうが、スムーズな運弓ができます。
 買ったのは中国製医療用のものですが、有効期限を既に1年以上過ぎていました。
 もちろん、医療用に使うのではないので、ぜんぜん問題ないのですけどね。

banukou02.jpg



 ・・・ということで、わざわざ28元の絆創膏を買いに、往復200元出して、買いにいってきました。
 ついでに民主記念館(旧中正紀念堂)の近くにある、敦煌楽器を探して歩きました。

 すぐ見つかったのですが、楽器の数も少なく、今一歩でした。
  1. 2008/05/17(土) 15:26:41|
  2. 二胡・楽器について

またもや外出。

 土曜はそろそろ退院まで指折り、という甘い期待での外出でしたが、今朝の医師の話では、あと最大1週間かかりそうとのこと。

 鼻の横の化膿したところは「蜂窩組織炎」とかいうのになりかけているらしく、名前の通り、蜂の巣のひとつ位の穴ぼこがポカッと開いていました。

 Wikipediaで調べると言葉で近いものに「蜂窩織炎」というのがありましたが、確かに細菌による化膿という点はあっていますが、足にできる場合が多いようで、単に漢字が近いだけなのかもしれません。

 口の端の横の縫ったところも先日までなんとのなかったのが、急に膨らんきて、今朝、小さな綿棒の先ほどの白い核のようなモノが取れました。
 たぶん、跡は上と同じようになっているのでしょうか。


 深部に広がっていかないように、入院期間を延ばすようです。
 早ければあと3日ほど、最大でも1週間との事ですが・・・・

 病室にも一応シャワーはあるのですが、カビだらけなのと、点滴の管さえ外してもらえれば動けるので、アパートに帰って土曜以来のシャワーを浴びたところです。
 病室は寒いくらいの冷房が効いているので、汗をかくということがないから何とかなりますが、寒くて風邪をひきそうです。
 ・・・・今朝方、看護士さんに布団の追加をしてもらいました。
  1. 2008/05/06(火) 16:33:05|
  2. 病気のこと

外出許可だけど・・・

 連休初日の5/1から2日間、ベッドの上です。
 一昨年あたりに買ってきて読んでいなかった北方謙三/水滸伝の2冊を読み終わりました。
 こんな時間がないと読まないのですね。

 傷口のほうは一向に回復しませんが、あと何日入院させられるか判らないので、外出許可をもらって下着類とかの補充に帰りました。
 月曜からは仕事もあるし、なんとか明日には退院にこぎつけたいですが。


 でも、念のため、水滸伝三~六をかばんに入れました。

 一日おいてアパートに帰ると、大家さんにお願いしていた部屋の明かりの追加工事がされていました。
 白熱スポットタイプの電灯がPCの上に4つついていました。
 
 そうすると、寝室の窓も開けられるようになっているかと、開こうとしたその瞬間、バサッと隣の窓のロールカーテンが軸ごと落ちました。
 窓を開けようとすると、このロールカーテンの取り付け部に当たって開かないので、お願いしたのですが、ダメでした。

 まだ大家さんと会話していないのですが、別途工事にしたのかもしれません。

 ここまで、書いて左の頬を触ると、ヌルっとした感触。
 筋膜を固定したコメカミの下部分の傷口からも滲出液が出てきたみたい。
 これで、つごう5箇所の傷口のウチ、3箇所が化膿?
 残り2箇所のうち口元も先日、滲出液が出てきましたが、まだ化膿した感じではないですが・・・・


 入院が伸びて、もしかすると台湾で再手術かも・・・


 
 さあ、あと3時間で戻る前に昼食と洗濯を終わらないと・・・

kayu01.jpg

kayu02.jpg


 キリスト教系精進料理?はこんなのです。
 五穀類と、ナッツ類、豆腐、野菜のお粥です。油類は使ってありません。
 外出する直前に出たので一口食べた今日の昼食は紫イモのお粥です。
  1. 2008/05/03(土) 12:57:37|
  2. 病気のこと

緊急入院@台北

 一昨日、病院に行って化膿しているところを医者に見せ、今日、再度病院へ行ったら、「入院して様子を見たほうが良い」との事。 
 
 要は、きちんと時間通りに抗生剤を点滴で入れるためのようです。
 まあ、抗生物質を出しても時間通りに飲めなかったり、ビール飲んでから薬を飲むような事をするからでしょう。 


 Gパンにポロシャツ姿で行ったものの、そのまま入院手続きになり、外科病棟が空いてなかったので、内科病棟のベッドです。
 台湾らしく愛想が良く、体格!も良いナースに3回点滴の針を入れるの失敗され、先輩ナースに交代したら、さすが、一発でOK!

teian.jpg



 1時間ちょっと1回目の抗生剤を入れて、入院グッズを取りに帰ってきました。

 2~3日、滞在かもしれません。
 外出は4時間以内なので21時半には戻らないといけないです。


 明日の朝からの病院食は精進料理とのこと。
 キリスト教系の病院なのですが。

 幸か不幸か、今日からウチの会社は4連休でした。
 


 化膿している部分以外は健康体なので、時間をいかにつぶすかです。
 

 今、DSを充電しています・・・・・


 さて、そろそろ臺安病院908号室に戻る準備します。
 


 とりあえず。
  1. 2008/05/01(木) 19:11:12|
  2. 病気のこと

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター