胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

台湾を知る旅(鹿港)

 テーマほどたいしたものではないですが、台湾も狭くなったもんです。

 今日は鹿港へ。
 朝10時にウチを出て、同じ日の夕方5時半にはもう、こうやってアパートで更新できるんですね。


 鹿港は台中の南隣、彰化縣の海よりの街です。
 昔は「一に台南、二に鹿港、三に萬華(台北)」と言われた港町でした。
 今はもう面影もなく、海に繋がる川も狭くなってります。

 
 2001年に友人の車で連れてもらったけれど、あまり時間が無くて、もう一度ゆっくり回ってみたいと思ってました。
 ちょっと前まで彰化まで行こうと思うと、車で4時間位、観光では台中あたりに1泊は必要という感じでしたが、今や新幹線でわずか台中まで50分。
 新幹線のおかげです。

shinkansen.jpg


 新幹線のキップも今回、自動券売機で初めて買いました。
 まあ、簡単な中国語が分かれば、全然問題なし。

ticket2.jpg


 台湾新幹線は去年の高雄出張以来2回目なんですけど、うっつらうっつらしていると、次はそろそろ小田原を越えるころかな?なんて思うほど、作りやゆれ具合も日本に同じ。

ticket.jpg


 台中の駅は実際は台中のハズレの「烏日」という所にあり、ほんと周りは何もないような田舎ですが駅舎は立派。



 鹿港にも龍山寺があります。

longshanse2.jpg


 台北のほど、立派じゃないですが、歴史は台北より古かったような気がします。

 longshanse1.jpg


 2001年に行った時は修復工事中で中まで見られなかったと思いますが、今回中に入ると、木造天井の色合いがノスタルジックな風合いを出していました。

 防火(延焼)を兼用する細い通路が多いのですが、それらを見学しようと探していると、色鮮やかな線香の乾燥工程に出会いました。

senkou2.jpg


 はじめは台車に積んであるのを見つけたのですが、製作者らしき欧吉桑(オジサン)が、これから広げるから、広げたところを撮ったほうがキレイだよ」と台湾語で言ってくれたようです。

senkou.jpg



 大小含め、無数と思えるほど、廟の多い町です。

chunlian1.jpg


 また、春節を終えたところとは言え、ほとんど全部の家に春聯が貼られていました。
 昔からの風習が保たれているんですね。

 朝の台北は雨で、途中新幹線で移動中も、もやがかかった一日でしたが、歩き始めると汗ばむ陽気で、気象局のサイトを見ると鹿港は28℃あったようです。

men.jpg


 街は昔はレンガの舗装やら壁やらで紅い街だったのでしょう。

xiangzi1.jpg


 ただ、前回とは違い観光地化が進み、九分と同じような土産物?おもちゃ?など、どこに行っても同じようなモノを売っている店が多くできていました。

xiangzi2.jpg


 許されるのは、そんな店を1本裏通りに集めていて、生活と街の外観を守ろうとしているところでしょうか。


 遅い昼食はレトロなお店で。

donnian1.jpg


 ウェイトレスはほとんどアルバイトの高校生のようでしたが、何故か台北第一女子高(学力No.1の女子高)の制服に似ている真緑のシャツ。
 え??と思ってみると、やはり、胸には「北一女」と刺繍している!
 だけど、反対側には店の名前「童年往事」の刺繍も。

dongnian2.jpg


 昔の看板やら、「大同寶寶」やらが並んでいました。

  1. 2008/03/29(土) 18:50:32|
  2. いつもの日記

ピアソラに酔う。

 この土日、風邪?でずっと寝てました。
  熱は微熱なんですが、全身がだるい感じ。土曜なんて24時間のうち20時間ほど寝ていたのではないでしょうか。
 金曜夜にSwingで「牛丼一筋(台湾は牛丼一筋じゃないですが)」の人から借りてきたAstor Piazzollaの1984年モンタレーのライブDVDを見たいと思ってたのですが、昨日はそんな気に全然ならなく、ゼリー、プリンが主食でした。(というより食欲がないけど薬を飲むために腹に入れたって感じ。)
 

 今日の昼食は冷蔵庫から買い置きの台湾製冷凍リゾット。
 まあ、イタリアお粥なら入るか、ということなんですが、こちらのイタリアン系は店で食べても甘めが多いですが、案の定この冷凍も甘め。

piazzolla.jpg


 しかし、食べながらのピアソラ、「すばらしい!!」
 午後はお粥とはいえ固形物を食べたせいかようやく外に出る気になってきたので、ピアソラの「写し」をもらおうと、生DVDを調達しに光華商場まで。
 こっちで買ったPCなので、DVDのリージョンが台湾になっていたので、「写し」にはちょっと細工が必要でしたが。

 ピアソラはCDは買っていたものの、前衛っぽい感じがしていたのですが、これは曲が終わると思わず拍手モノでした。

parmegino.jpg

 
 今日はまだ飲むほど体調が戻っていないけれど、帰りに寄ったスーパーでパルメジャーノ・チーズとチーズおろしを購入。
 赤ワインが合いそうだけど無いから・・・ま、お酒なら何でもいいか。
 パルメジャーノって、帕米吉阿諾って書くんですね。
 パイミージーアールオ。
 チーズは乳酪。
 ちなみにチーズおろしは新潟燕市のMade in Japanでした。
  1. 2008/03/23(日) 18:20:38|
  2. いつもの日記

ナマエを「湘北」に改名しました?

晩御飯を食べて軽く飲みに言った帰り、タクシーで近所まで戻り、スタバカードの残ポイント3点を使ってコーヒーでも持ち帰ろうと思いました。

 美式珈琲(アメリカン)を頼んだら、何人か詰まっていたようで紙カップに名前を書くために「ニン,グイ,シン?」と名前を聞かれたので、ワタシの名前の中国語読みの「シャンベン」と答えたのですが、出てきたカップには「湘北/Mr.」と書かれていました。

xiangbei.jpg




 確かに、「湘北」はシァンベイ・・・シャンベンには近いですけど・・。
 湘北って、字の意味から「中国湖南省の北部」ですね。


 台湾の人は英語名を持っている人が多いので、私も英語名をつけようかなぁ。
 12年ほど前、HP立ち上げのためのIDを名前に近いマーシーにしてたけど、今なら「デイブ(ブーデ)」あたりですかね。(笑)

latin_jazz.jpg


 CDはこの間、山野で買った1枚です。
 ラテンビッグバンドのノリがゴキゲン!
  1. 2008/03/19(水) 23:18:01|
  2. いつもの日記

最終版

 台湾への翼、日本アジア航空が今月までで、日本航空に合併されます。
 まあ、もとはといえば中国への政治的配慮から日本航空の子会社として作られた会社でしょうから、元に戻るというほうが正しいのかも。

 ですが、いつ乗っても満席のドル箱路線ですから、金城武や志村けんの台湾紹介のビデオを流したり、機内誌も専用のもの。

 その、台湾路線専用のサービスもこの31日まで。
 CAさんが「是非、記念にもっていってください」と言われるので機内誌「ASIA ECHO」をいただきました。

asiaecho.jpg


 ついでに、スプーンとフォークのセットも。(これは「どうぞ」とは言われませんでしたが。)

jaa_sppon.jpg


このスプーンの刻印「JAA」も来月から「JAL」になります。

 32年間の路線だったようですが、初めて使ったのが1989年なんで、32年のうちの19年間、使っていたんですね。
  1. 2008/03/16(日) 20:49:59|
  2. いつもの日記

図表と医者と台湾と

今日は日本で病院のハシゴです。

 このあいだ手術した病院と地元の耳鼻科。
 毎日のように自覚症状が変るので、どちらの医者にあれこれいっても、「まあ、そんなもんですよ」っといった内容のツレない返事。


 朝の病院では4月下旬の手術に向けて、どんな手術にするかを前回の手術内容が書かれた電子カルテを見ながら説明を受けました。

 しょっぱなに、顔の絵があったんですけど・・・似てる!!
 確かに医学用語だらけのカルテより、外科は切った貼ったの世界なんで、絵で書くのが確実なのかも。

 次回の手術も、どこをどう切って、どっから何を持って来て・・・というのを絵で説明してくれているので、わかりやすい。
 そんで、鏡の前で口元を引っ張りながら、「こんな感じかな?」なんて、実地予想?まで。

 医者って、絵心がないとなれないかも(笑)
 ま、最初は下手でも仕事で何度も書いている内にうまくなってくるんでしょうけどね。



 そんで、振り返ってみると、台湾での仕事をしていても台湾の人の資料や説明って、図が無い、というか図を描いて説明する経験が少ないというか・・・
 はじめはウチの会社だけなのかと思っていましたが、他社の資料を見ても、おんなじ感じ。


 そーいや、ワープロができたころ、日本以外のワープロソフトは罫線が掛けなかったりしましたよね。
 ああいう、表や図で見やすくするというのは、案外、日本文化なのかも。


 でも、考えたら漢字って、象形文字やら表意の偏や旁での集合体ですよね。
 台湾の漢字って、国家標準文字だけでも日本漢字の倍近くあって、なお且つ複雑な繁體字を使っているのに、なんか矛盾している感じ。

 


 しかし、いくら似ている似顔絵で説明してもらっても、局部麻酔での、それも顔や太ももの手術って、意識があるだけにヤダなあ・・・・・
 きっと、周りの皮膚なんかが引っ張られているのは判るんだよな。
 担当医の「ちょっと痛いかもしれないけど」も気になるし・・・

 
 ま、なんとかなるでしょ。



 でも、正面からの似顔絵とはいえ髪の毛が両側にしか無い絵まで書く必要はないんじゃない? 先生!(笑)
 
 
  1. 2008/03/14(金) 22:17:40|
  2. いつもの日記

中華路から衡陽路、重慶南路へ

旧正月が明けてもなかなか天気が良くなかったものの、先週は晴れが多く、温度も上がりました。
 でも今日は薄曇りの一日。

 台北駅あたりをうろついてきました。

 中華路。

 90年頃には、まだ線路が残っていました。  (今はこの地下を電車が走っています)

chonghuastore.jpg


 右側バスが走っているあたりに線路がありその左隣には線路に沿って3階建て位の長~い商店街がありました。
 名前を中華商場といいます。
 1階は東西に走る道で切られているのですが、2階に渡り廊下で繋がっていました。
 仁義礼智・・・といった儒教関係の言葉がそれぞれのビルに付けられていたはずです。
 もう今はそんなカマボコ・ビルも無いですが、歩道橋の階段部分に「中華商場」「忠」と残されていました。(この裏は階段だけです)

chonghuastore1.jpg


 
 音響関係、特にスピーカを製作する店が多かったように思います。
 その影響か、今も中華路沿いにはオーディオ店が数件残っています。

 今、日本の家にあるJBLに繋いだ太いスピーカコードもここで買ったものです。

 
 警察署を過ぎ、左に入ると日本統治時代に建てられた中山堂があります。
 今もレトロな佇まいで、時折、小規模なコンサートが開かれています。

zhonshzntang.jpg


 その中山堂の前には「抗日戦争勝利および台湾復帰記念碑」というのが立っていました。
 なんか変です。

kounichi.jpg


 だって台湾は日本とは戦っていないのにね。
 まあ、大陸から逃げてきた国民党時代に立てたのだからしょうがないのかも。
 

 そのあとは衡陽路の楽譜屋さんを探して冷やかし。 
 台湾で活躍しているテナーサックスプレイヤーのリンタロウさんにSwingで教えてもらったのですが、大陸書店という楽譜屋とは思えない名前で、雑誌類も置いているのですが確かに2/3ほどが楽譜でした。

tairikubooks.jpg


 ボントロが吹けなくなったので、「長號(トロンボーン)」のコーナーもろくすっぽ見ずに、店をあとにしました。

 重慶南路あたりの歩道に埋め込まれていた案内に、日治時代の勧業銀行ビルが書かれていました。
 英語表記をみると「Kangyo」とあります。そのままですね。

kangyo.jpg


 そのまま、台北駅あたりに戻る手前で、カラフルなマスク屋さんを見つけパチリ。

mask.jpg


 さすがに、これは日本じゃ目立つでしょう。
 台湾の人は、バイクに乗るときの排気ガス除けとして使うのが主なようです。

 天気が今一歩でしたが、久しぶりの街中散歩でした。

  1. 2008/03/09(日) 20:45:54|
  2. いつもの日記

ガンバレ、セブン!

 今日はフィットネスで昼前に55分歩いてシャワーもあびず、セブンイレブンで麻婆豆腐弁当を買って帰りました。

mabo01.jpg


 アパート~セブン~フィットネス間は路地2本なんで徒歩1分くらい。

 オニギリ(中に肉デンブやワサビふりかけがかかった訳の分からないのが多かったですが)なんかはあっても、この手のは出ていなかったのですが、最近、台湾のセブンイレブンは弁当に力を入れているようです。

 ウチでシャワーを浴びてから、レンチン3分10秒。
 ピリ辛でおいしかったですよ。
 ソースとご飯を仕切りで分けたままレンチンしましたが、ブッカケでレンチンしたほうが、ご飯がやわらかくなったかも。

mabo02.jpg


mabo04.jpg


mabo03.jpg


 これで50元(約170円)。
 買って帰ってから気が付いたけど、プリペイドカードで買えば1割引だったのに・・・
  1. 2008/03/09(日) 17:55:45|
  2. いつもの日記

デジイチもいいけれど・・・

オリンパスのE420が発表されたんですよね~~。
 去年のE410の後継機。

 ネットを見るとE410、E510は生産中止になっているので近々、新機種が発表されるのでは・・・なんて噂が流れていたのが、大当たり。


 じゃあ、次はE520が出るのかなぁ?


 E510を買おうかなんて考えていたので、E520が出るのを待つことにしよう。
 



 でも、機能美は銀塩カメラのほうが上だよなぁ。

OM1.jpg


 台湾北部・淡水河をバックにオリンパスOM-1。
 当時唯一、電池なしでもシャッターが下りる一眼レフだった様な気がします。
 2002年2月28日に、中古で買いました。
 ズイコー交換レンズも何本か買って、スクリーンもスプリットタイプに変えたような・・
 「ウチの仏さんも小さいけど、心がこもってはる!!」

 ↑この広告、分かる人、50才前後でしょ?


 また、カメラ、始めようかな?
 もちろん、デジイチと一緒に。

 「感性」を磨くのには、カメラや音楽はいいですよね。
  1. 2008/03/09(日) 00:06:15|
  2. いつもの日記

またまた開始

gosen.jpg


 手術、入院で4ヶ月振りに中国語のレッスンと二胡のレッスンを開始。
 
 中国語は火曜金曜の朝7時半からの1時間。
 二胡は木曜夜7時からの1時間。

 二胡はまた基礎からやりたいと先生に話し、それっぽい練習曲を五線紙に書いてもらった。
 だいぶ右手はよくなったと言ってくれるけど、弦が換わる時、弓の推し引きの出だしが全然だめ。
 変にアクセントがついたり、フェードインする感じになったり・・・

 まだ、手術の影響で30分ごと位に鼻をかまないとはな垂れオヤジになるので、普段から気になってしようがない状況。
 会社では花粉マスクで隠しているけど、街中じゃ台湾特有の柄物マスクでもしようかしら。

 回復しているからだと思うけど、そのほかにも目の焦点が合いにくくなったり、左耳が聞こえづらくなったり、ゲップのたびに鼓膜が痛くなったり、目は夕方以降はアカンベー状態で涙・目やにが出てしようがなかったり、鼻が片方詰まっているので、運動しようとするとすぐ息があがったり、口輪筋切除で食べづらかったりと移植の影響には「何でもかんでも、うっとおしい」っていう感じ。
 いつ頃までに、どの程度直ることやら。

 まあ、そんなこんなでも仕事はあるし、食事もしないと生きていけないので、徐々に普通の生活に戻れるようにリハビリを続けるしかないですな。
  
 話しながらゴルフを回って、食事&お酒が取れるようになれば一般生活は一応回復と言ったところかな?
 とりあえず、お酒はOKの模様。 ゴルフも練習場に行くと、目の焦点が合えば当たる時もあるといったところでしょうか。(笑)

 台北Swingには行くたびにマスターやお客さんから、「早くまた一緒に演奏しましょうよ」なんて優しい言葉をもらってますが、正直なところ、ボントロを吹くのは今のところ、もうダメかと思ってます。
 昔、会社のバンドで教えてもらった故・福原彰先生が「ラッパなんて、土手(歯茎)があれば、鳴るんだよ」言われていましたが、その歯茎が無いですからねぇ・・・

 さ、気持ちを切り替えて、二胡で勝負!
 もちろん、ジャズは聴き続けますけど。

color01.jpg


 2/28に頂いたカラーがきれいに開きました。
  1. 2008/03/08(土) 13:46:15|
  2. いつもの日記

春節後、最初の晴れ?

 春節後、台北に戻ってから、一日晴れという日はなかったと思います。
 昨日はまたSwingで飲んで1時に帰宅だったものの、7時には目が覚めてごろごろしていたけど、カーテンの外が明るいので、開くと陽が射している。

 先週金曜の休日、陽明山で黄パパに頂いたカラーの花も開いてきました。

coler.jpg


 このところ、わずかの時間、陽がさすことがあっても、すぐ曇ってきたり雨になったりでした。
 今日は昼過ぎになっても日が射しているので、近所の国父記念館までカメラ2台(Coolpix S10、Richo RX8)持って散歩。


国父記念館のまわり廊下では、4~5組の高校生がダンスの練習。
dance.jpg


 下の公園は家族連れでにぎわっていました。
 皆さん、久々の暖かい晴れの休日ですもんね。
 窓際の気温計をみると24℃。

 

 昨日のSwingでは今、レコードって聴けるんだろうかとか、リバーサルフィルムを現像してくれる店が台湾にあるんだろうか・・・なんて50前後のオヤジ達で話していましたが、デジイチで撮られた写真なんかを見ていると、一眼レフを持ってくるかデジイチが欲しくなってきます。

101.jpg


 国父記念館前の公園の噴水は10分おきくらいに大きくなるみたいです。
 ここから台北101まで徒歩20分くらいかと思いますが、今日の散歩はここまでで、また歩いて帰りました。
  1. 2008/03/02(日) 21:53:19|
  2. いつもの日記

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター