胡琴雅爵

Jazz-Trombone & Erhu-Fiddle

ヤフオク

 弓を3本、ヤフオクに出品した。
 5~6年前、長安楽器が信義路にあった時に1本目の楽器購入の際、つけてもらった北京弓。
 高級なものではないけど、「王小迪制造」のハンコを押したシールが張ってあった。ネット検索すると、王小迪さんは有名な弓職人のようだ。
 あとは、その翌年くらいに台湾出張し、小龍包で有名な「鼎泰豊」で注文して出てくるまでに、2~3分歩いて長安楽器まで行って買ってきた上海弓。これも「壽康弓」のシールが付いていて有名なメーカらしい。

 まあ、どのブランドも上には上があるようだけど、2本目の楽器を買った時に付けてくれた、節の無い陳氏ブランドの北京弓がすごく使いやすかったので、調子に乗って続けて2本も買ってしまい、その1本も出品した。

 日本って、輸入楽器は高いとつくづく思う。
 ニューヨークに行った時にシルバーソニックのトロンボーンを買ってきたけど、日本の定価の半分以下。(もっとも定価じゃ誰も買わないだろうけど。)
 でも三分の二以下。
 
 二胡に至っては、数が少ないというのもあるだろうけど、老師が高いという台湾でも日本価格の三分の一程度で手に入る感覚。

 弓にしてもしかりで、長安楽器なんて、バケツに100本以上差し込んで日本価格の半分以下で売られているじゃない。
 今回出品したのは王氏北京弓と寿康弓の2本セットと陳氏無節北京弓。
 置いていてもしようがないので、これから二胡を初めた人にでも使ってもらえれば嬉しい。
 でも落札してもらった時、どう包んで送ろうか? 当然ワレモノ扱いだけど、運送途中が怖いなあ・・・
 
  1. 2006/02/26(日) 11:49:40|
  2. 二胡の練習・奏法

千斤のポジション

 先週の久々練習で千斤の位置をだいぶ下の方に持ってこられた。
 今までの練習は何じゃったんじゃい?とも思ったものの、手が小さいので、案外いいかも。
 ただ、弦が短くなる分、ピッチが難しくなるよな~~。
 琴筒からの距離を測ったら315mm。
 慣れるのもそうだし、火曜日のレッスンに向けて、ちょっとは練習しないと。

 先週のレッスンで、千斤の位置を直してから老師が弾いてみて、「この楽器も、まあまあいい音するねえ」。
 そりゃ、老師、あなたが弾けばいい音ですよ。(ーー;)

 でも、次回出張でこの楽器は日本に持って帰り、来年度も続く出張では、去年秋に買った楽器を持ってこよう。
 台北の冬は湿度が高く、蛇皮には良くないから、湿度の低い日本に置いておいた方がいいよとの老師アドバイスだけど、春からは湿度環境は日本台湾で逆転するので、こっちの方がいいだろう。
 ・・・・というか、高い楽器が泣いている。
 今週、アパートを引越しするけど、今度の部屋は弱音器なしで練習できるだろうか?

 
  1. 2006/02/19(日) 13:28:04|
  2. 二胡の練習・奏法

ひさびさの~

 12月以来のレッスン。
 このところドタバタしていて、この2ヶ月で楽器を出したのは2~3回。
 当然、腕は落ちている旨、エクスキューズしてからのレッスン開始だ。
 賽馬の前半を部分部分やって、スタッカートやテヌートの練習。
 気がついたら1時間半のレッスンも、あと20分になってた。
 次は練習曲のおさらいと思ったら、案の定、「新しい曲、やってみよう」とのアリガタイお言葉。(^_^;)
 劉文金さんの三門狭暢想曲とやら。
 国楽得意のアクセルが頻繁に出てくるけど、練習はインテンポでやっていいからと言うことで、運指やら弓の拉推記号を書き込んでくれる。
 まあ、五線譜だから読めるけど、数字譜ならまったくお手上げ。

 久々のヒーヒーいいながらの練習だったけど、最後に老師より 「不太多退歩」って言ってたかな? まあ、「腕の落ち方はそんなにひどくなかったよ。」とお褒め?の言葉。
 老師は学生のころ2週間引かなくて、次のレッスンが怖かったと言ってたけど、こっちは2ヶ月だよ~~~。
 
 帰りに上新電気に寄って誘蛾灯を購入。辞書には中国語でも誘蛾灯と書いてあったけど、箱には捕蚊燈と書いてある。
 これで、朝、耳元で蚊のプ~ンという羽音で起きなくて済むことを期待。
 しかし、蚊が居なかったのは12月と1月だけって事だ。(T_T)
  1. 2006/02/14(火) 23:33:39|
  2. いつもの日記

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

あや~(阿雅)

Author:あや~(阿雅)
台湾で始めた二胡、2008年4月~2010年7月の間、さぼりながらのレッスンで、帰国後はホコリをかぶっていましたが、2012年10月からグループレッスンですが再開しました。
ずっとBigband JazzのTbをやってきたので二胡とJazzと台湾、台湾からの帰任後の中国関係の仕事から中国も含めたブログです。
ご連絡はmonsieur_tb♪s7.dion.ne.jpの♪を@に代えてメールでお願いします。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター